logo

ファーウェイ・ジャパン『CEATEC JAPAN2016』に出展10月4日(火)~7日(金)10:00~17:00 幕張メッセ 展示ホール2 No.2S74

華為技術日本株式会社 2016年09月27日 12時49分
From PR TIMES

2016年注目の『HUAWEI P9』を始めとするSIMロックフリーデバイスや、IoTソリューション、第5世代携帯電話(5G)技術に関する最新の研究成果を展示



[画像: リンク ]

華為技術日本株式会社(以下、ファーウェイ・ジャパン)は、10月4日(火)から幕張メッセにて開催される『CEATEC JAPAN2016』に出展します。

今年で5回目の出展となるファーウェイ・ジャパンは、ライカ社と共同開発したダブルレンズを搭載した話題のスマートフォンの『HUAWEI P9』、モバイルメーカーならではの技術を活かした2in1デバイスでファーウェイ初のWindows製品『HUAWEI MateBook』、9月28日に発売する最新のスマートフォン『honor 8』など、2016年に発売しご好評をいただいているSIMロックフリー製品群を中心に展示いたします。

また、最新事例を含むIoTソリューション、第5世代移動体通信(5G)技術に関する最新の研究成果なども紹介し、ブース内ステージでは日本でもスマート・メーターなどでの活用が期待されるるNB-IoT技術の最新活用事例のほか、阪神電気鉄道株式会社からゲストをお招きし、地域のIoTインフラとして今後有望とされるLTE方式の地域BWAの構築・活用事例をご紹介いたします。

■『CEATEC JAPAN2016』出展概要
期 間:10月4日(火)~7日(金)
ブース:展示ホール2 [ブースNo.2S74] URL:リンク

■端末展示(一例):
HUAWEI P9、HUAWEI P9 lite、HUAWEI MateBook、HUAWEI WATCH、HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro
HUAWEI MediaPad T2 10.0 Pro、honor 8

※他にも多数の製品を展示しております

■IoTソリューション展示:
NB-IoTモジュールの適応事例やIoTゲートウェイ製品の展示を交えながら、ファーウェイのIoT 1+2+1戦略についてご紹介いたします。また、IoTインフラとして今後有望と考えられるLTE方式の地域BWAの構築・活用事例を紹介します。


■第5世代移動体通信(5G)技術展示:
ファーウェイの5Gの最新技術およびフィールド検証の結果をパネル展示にて紹介します。

■講演(第5世代移動通信システム(5G)ワークショップ2016内)
日時:10月5日(水) 14:00-17:30
会場:国際会議場2階 コンベンションホールB
講演者:ファーウェイ フェロー兼ワイヤレス・ネットワーク部門最高技術責任者 童文
演題:「中国における5G研究とその進展」


【ファーウェイについて】
ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は、世界有数のICTソリューション・プロバイダーであり、1987年に中国・深圳(シンセン)に設立された従業員持株制による民間企業です。より“つながった”世界を構築するというビジョンのもと、情報社会におけるイノベーションを牽引するとともに、オープンな協業を通じてICT産業のエコシステムを構築し、社会的責任を果たすグローバル企業として地域社会に貢献しています。お客様志向のイノベーションと協業により、通信・企業ネットワーク、端末、クラウド分野にわたり、お客様の競争優位性を高めるエンド・ツー・エンドのICTソリューション・ポートフォリオを確立しています。ファーウェイの17万人におよぶ従業員は通信事業者、企業、消費者の皆様へ最大の価値を提供すべく尽力しており、競争力の高いソリューションとサービスを170か国以上で提供し、世界人口の3分の1にもおよぶ人々のICTソリューション・ニーズに応えています。

日本法人(ファーウェイ・ジャパン)は2005年に設立され、日本市場のニーズに応えるべく幅広い製品ならびにサービスを提供しています。詳しくは、当社ウェブサイト:www.huawei.com/jp/、フェイスブック:(コーポレート)www.facebook.com/huaweijapanpr/、(端末製品)www.facebook.com/HUAWEI.JAPAN、ツイッター:twitter.com/HUAWEI_Japan_PR、LINE:‘ファーウェイ’で検索、インスタグラム:www.instagram.com/huaweijapan/、YouTube:www.youtube.com/user/HuaweiDeviceJPをご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。