logo

熊本でキングコング西野さんの新作絵本の個展とトークライブを開催したい!子どもたちの笑顔のために、熊本の自立的復興プロジェクトBRIDGE KUMAMOTOがクラウドファンディングを開始!

一般社団法人チーム熊本 2016年09月27日 13時20分
From PR TIMES

熊本県民を中心とする自立的復興プロジェクト「BRIDGE KUMAMOTO」は2016年9月26日より、キングコング西野さんの新作絵本と個展のトークライブを熊本で開催するためのクラウドファンディングの募集を開始しました。



▶募集ページ リンク
[画像1: リンク ]

本クラウドファンディングは。キングコング西野さん自身が開催している「キングコング西野の個展『えんとつ町のプペル展』を入場無料で開催したい!」(リンク)というクラウドファンディングのリターン(投資に対する賞品)である個展『えんとつ町のプペル展』&トークライブ開催を購入するためのクラウドファンディングです。

熊本の子供達を少しでも笑顔にしたい、挑戦しようとしている人の背中を少しでも押したい、という思いの下、本企画を開催いたいしました。現在一般入場料無料を検討しており、本クラウドファンディングが成功し次第、詳細を告知したいと考えております。


~ 購入したい内容の詳細 ~
【あなたの町で『えんとつ町のプペル展』を開催できる権利(西野のトークショー付き)】LED照明で光る41枚の絵(60cm×60cm)を、あなたの町に。
貸し出し期間は最大1ヶ月。町おこしイベント、学校イベント、ショッピングモールでの企画展など、『えんとつ町のプペル展』の用途はお任せします。
[画像2: リンク ]

リンク:リンク


~ 実施の理由 ~
今年の4月には熊本地震が発生し、沢山の物や場所への被害、怪我をした方などもいると思うのですが、辛い思いをしたり心が傷ついたりした子供達もいると思います。
[画像3: リンク ]

これからの未来を作る子供達が小さい頃の辛い経験で、これからの人生も辛いもののように考えてしまうことはとてももったいないというか、残念に思います。
西野さんの作品は、ファンタジーな世界観な繊細に作り込まれているのですが、それに加えて今回の作品はLEDによって光ります。会場のライトを消せば、その作品だけが光り輝くので、音楽や他の演出も加えれば、空間全体をファンタジーな世界観に作り込むことができると思います。
子供達が西野さんの絵を見て、どう感じるかはわかりませんが、非日常なファンタジーな世界を楽しんでもらって、少しでも笑顔になってもらえたら、明るい気持ちになってもらえたらと思っています。
[画像4: リンク ]


~ クラウドファンディング内容 ~
▶募集ページ リンク
■支援募集期間
9月26日(月)~9月30日(金)24時

■リターン一例
・キングコング西野さんのトークライブに1名ご招待させていただきます。
・一般公開前にリターンの購入者限定で作品を見ていただける日を設け、ご招待させていただきます。(1名様分、中学生以下同伴可)
・お礼のメッセージをお送りします。
※個展とトークライブについては熊本市内で開催しますが、開催日時は未定で、招待券については譲渡可能です。
※金額は5000円以上自由に設定できますので、もしよろしければ1円でも多くカンパをいただけるとありがたいです。

~ 資金の使い道 ~
今回は目標金額を35万に設定させていただいています。
CAMPFIREの手数料(5%)を引いた金額から、西野さんのクラウドファンディングのリターン購入代金(30万円)に使用させていただきます。
ただし、これでも最低ラインの資金ですので、実際は目標金額以上に費用がかかると思われます。
なお、このプロジェクトは、All or Nothingに設定させていただくので、目標金額に1%でも足りなければ資金を受け取ることが出来ません。
1円でも多くの支援をいただけるとありがたいです。


~ BRIDGE KUMAMOTOのコンセプトについて ~
今回の地震被害の中でも、特に印象的である阿蘇大橋の崩落に市民は大きな衝撃を受けました。それでも、決して絶望することなく、「すぐには本物の橋をかけることはできない。でも、創造の橋はすぐにでもかけられる。」、「橋がなくなっても私たちは繋がっている。」という思いと、「県内外との支援の『架け橋』になりたい。」という思いを込めて「BRIDGE KUMAMOTO」と名づけました。

「熊本地震で被災した、モノづくりに携わる人たちや小規模事業者は、将来の事業継続に大きな不安を感じています。この窮地をチャンスに転換させるためには、外部だけの支援に頼らない、自立した復興プランを考える必要があります。

そして、その復興プランを地元・熊本のクリエイターを中心に、県外のクリエイターおよび支援者と共創することで「熊本の創造的な復興」の架け橋になる。それが”BRIDGE KUMAOTO“です。
[画像5: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。