logo

ハーマンは、東京でescarアジアの自動車サイバーセキュリティ会議をスポンサーする

ハーマンインターナショナル株式会社 2016年09月26日 10時24分
From 共同通信PRワイヤー

ハーマンは、東京でescarアジアの自動車サイバーセキュリティ会議をスポンサーする

AsiaNet 65809

2016年9月26日

コネチカット州スタムフォード-自動車メーカー、消費者および企業向けコネクテッドテクノロジー企業、ハーマンインターナショナル株式会社 (NYSE: HAR)は、自動車業界での主導的な役割の一部として東京でescarアジアの自動車サイバーセキュリティ会議をスポンサーします。ハーマンとしては日本の製造業、政府、学術機関と協力し、自動運転車とコネクティッドカー用のサイバーセキュリティ標準とポリシーを定義する事が中心です。escarアジア会議は9月28-29日に東京で目黒雅叙園ホテルで開催されます。

2003年に設立され、 escarは、データや車両への脅威を特定し、最小化するための議論や意見交換ができる最高のフォーラムとしての地位を確立しています。以前は欧州と米国で開催され、現在はアジアで三度目の開催としてescarは、車載のサイバーセキュリティに関する業界、学界、政府間のコラボレーション用フォーラムを提供します。ハーマンの自動車サイバーセキュリティチームは大手メーカー、アフターマーケット企業、マスコミやアナリストに自社の侵入検知防御システム(ID/PS)、ECUSHIELDとTCUSHIELDを紹介します。

「ハーマン自動車サイバーセキュリティチームは自動運転車とコネクティッドカーに関する脅威又は機会を議論するやアイデアを交換するイベントをサポートすることを誇りに思いま す。現在の車両は、我々のコネクティッドライフスタイルの不可欠な部分を形成しています。そのようなものとして、それはハッカーにとってより魅力的な機会です。escarイベントをサポートする事で、安全な車両システムを提供する自社の目標も達成出来ると思います。」当社事業開発およびマーケティング、自動車サイバーセキュリティ担当副社長、アサフ・アトザモンは上記のように語りました。

「複数のメーカーが2020年までに自動運転車にコミットする事と更に東京が会議の場所であり、その場で自動運転車のアナウンスをするとオリンピックのために到着予定の観光客の数百万人を支援します。ハーマンは、今日のサイバーセキュリティに対処するために、業界に依頼を促します。我々の車が別の車、電話や不明なデバイスとデータ交換を行う可能性ががございます。そのため、自動運転車とコネクティッドカーを開発するメーカーがサイバーセキュリティに重点を持っている必要があります」アトザモンは上記のように語りました。

ハーマンは、自動車OEM市場向けのサイバーセキュリティ・ソリューションのリーダーの役割を果たしています。ハーマンは、サイバーセキュリティ保護対策に大きな重点を置いています。そして車載技術設計のための業界初の包括的なマルチレイヤセキュリティフレームワークを立ち上げとさらに2016年1月に大手サイバーセキュリティの専門家TowerSecを買収しています。ハーマンは、コネクテッドカーに対するサイバーセキュリティの脅威や潜在的な脆弱性に関する情報を共有、追跡、分析するために協力する自動車業界のリー ダーの集団である自動車情報共有分析センター(Auto-ISAC)のメンバーでもあります。

三度目の開催となるescarアジアは日本の東京にある目黒雅叙園ホテルで開催されます。詳細については以下のリンクを参照してください。
リンク

ハーマンについて
ハーマン(harman.com)は、コネクテッドカーシステム、オーディオやビジュアル製品、企業向けのオートメーションソリューションとコネクテッドサービスをはじめとする、世界中の自動車メーカー、消費者や企業向けのコネクテッド製品とソリューションを設計し実践します。AKG(R)、Harman Kardon(R)、Infinity(R)、JBL(R)、Lexicon(R)、Mark Levinson(R)やRevel(R)などの主要なブランドと共に、ハーマンは、世界中のオーディオマニア、ミュージシャン、彼らが演奏する娯楽施設によって賞賛されています。今日、路上の2500万台以上の自動車には、ハーマンのオーディオとコネクテッドカーシステムが装備されています。当社のソフトウェアサービスは、職場や家庭から車やモバイルまでに、すべてのプラットフォームに接続され、統合され、安全な数十億のモバイル機器やシステムに動力を供給しています。アメリカ、ヨーロッパ、およびアジア全域で約29,000人の従業員を抱えるハーマンは、2016年3月31日までの12か月の間に67億ドルの売上高を報告しています。当社株式は、NYSE:HARという銘柄でニューヨーク証券取引所において取引されています。



(C)2016 ハーマンインターナショナル株式会社。All rights reserved. Harman Kardon、Infinity、JBL、LexiconやMark Levinsonは、米国およびその他の国で登録されたハーマンインターナショナル株式会社の商標です。AKGは、米国およびその他の国で登録されたAKGアコースティックGmbHの商標です。機能、仕様および外観は予告なしに変更されることがあります。


詳細については下記までお問い合わせください:

ダリン・シューチャック
コーポレートコミュニケーションシニアディレクター
Tel:  +1 203-328-3500
darrin.shewchuk@harman.com

または

ハーマンインターナショナル ジャパン株式会社
コーポレート・コミュニケーション・マネージャー
大久保千弥(おおくぼせんや)
Tel: 03-6732-1310
Senya.ohkubo@harman.com

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。