logo

Humanが待望のSoundの詳細を公開、先行予約も発表

Human, Inc. 2016年09月21日 10時07分
From 共同通信PRワイヤー

Humanが待望のSoundの詳細を公開、先行予約も発表

AsiaNet 65736(1153)

【シアトル2016年9月20日PR Newswire=共同通信JBN】
*ソーシャルメディア上で急成長するオーディオブランドが高度デザイン、マルチ機能デバイス、先行予約の詳細を発表

Human(TM)は待望されていた同社のSound Program(TM)の先行予約を世界で受け付けると発表した。

Photo: リンク

Sound(TM)はパーソナルオーディオが進化したものである。そのデザインは人間の耳からアイデアを得たもので、このデバイスの一連の機能はヘッドホンを超越している。ヘッドホンは現在機能範囲が限定されている。このテクノロジーは、主要なオーディオプレーヤーが時代遅れのデザインで安全策をとり、飛躍的な技術進歩を回避しているとの見方から生まれた。Humanは、かさばるヘッドホンや失いやすいプラスチック製イヤバンドを開発するのではなく、耳に快適でしっかり装着でき、業界初の複数機能を兼ね備えるとともに、人体の延長として機能する斬新なデザインを生み出している。

Humanは、技術的に最先端であるが徹底的にシンプルな製品で、実用性と目的にかなったものを開発することを目指している。製品はボタンがなく、自然な動きとスワイプ・ジェスチャーでリスニング体験の全体をコントロールすることができる。リスナーは、磁石を使って2個のイヤホンを合体させることで、デバイスを容易にしまうことができる。リスナーは、イヤホンを切り離して耳に入れることで、デバイスのスイッチを入れ、オーディオをプレーすることができる。リスナーは、ミュージックプレー、トラックポーズ、早送り、ボリューム調整、通話を実行できるほかに、イヤホンの外面をタッチするだけで好みのBluetoothデバイスとペアできる。このデバイスは電磁誘導ステーションに乗せれば充電される。

Soundが全く新しいオーディオ分野に入ることを可能にしているのは、ハードウエアとソフトウエア機能の全体性である。Soundの中核オーディオ機能タッチコントロール、画期的なフォームとフィット感に加え、先行予約は以下の3つの追加機能を1つのシステムに一体化させている。

*Social(TM)-複数の人と同時に同じオーディオを楽しむ。Socialはリスナーがオーディオを選んで他の人と楽しむことを可能にすることによって、新しいレベルのオーディオ共有を生み出す

*Fade(TM)-周辺環境のノイズを遮断したり、増幅したりできる。Fadeは周囲ノイズ・システムを起動させて外部音を消し去る。この機能はハードウエアに内蔵されたマイクを使って、直感的に操作可能なタッチコマンドを通じてリスナーの周囲の音量を増幅する

*Amplify(TM)-2つのイヤホンを合体させると、サウンドがスピーカーから出る。Amplifyは現行のモバイルハンドセット・スピーカーや多くのBluetooth(R)製品よりも大音量で豊かなサウンドを生み出す。この機能は複数のユニットを1つのオーディオソースで結び付け、部屋中に広がるサウンドをつくり出すことも可能にする。

Humanは限定された数の先行予約顧客に以下の機能をベータテストする機会も提供する。

*Speak(TM)-Soundの言語翻訳システムによる会話型で即座の言語翻訳を体験できる

*Active(TM)-耳の内部および周辺で、高度なバイオメトリック監視の機会がある。Activeはバイオメトリックトラッキングを次のレベルに引き上げる

*Sleep(TM)-Soundの自然適合機能はユーザーがこのデバイスを装着したままで、快適に寝付くことを可能にする。REMアシスト・リズムを楽しみ、低電力消費モードで睡眠サイクルを追跡し、好みのプレイリストで徐々に目を覚ます

SoundはIndieGogo(R)で、スペシャルな販売日価格と報奨レベル付きで期間および数量限定で先行予約が可能である。

ベン・ウィリス共同創設者兼最高経営責任者(CEO)兼最高技術責任者(CTO)は「IndieGogo(R)プラットフォームを通じて先行予約のSound Programをオープンできることを大変うれしく思う。高度なオーディオデバイスを生み出すものに関する考えは劇的に変化しようとしている」と語った。

Humanは事前販売キャンペーンのパートナーとしてIndieGogo(R)を選んだ。なぜならば、IndieGogo(R)は早期利用者のコミュニティーであるからである。IndieGogo(R)は若いテクノロジー企業が成長をブートストラップすることを支援してきた歴史があり、クラウドファンディングへブランドおよび顧客中心のアプローチを持つ。

ジョー・ディーター共同創設者兼最高マーケティング責任者(CMO)は「オーディオの未来は無線ヘッドホンだけではない。この業界は安全策のために、顧客向けのオーディオ製品をほんの少ししか進歩させていない。Humanは、進化したデザインとダイナミックな機能スイートを使い、ヘッドホンを超える新しい通信およびオーディオのカテゴリーを生み出すことによって大きな一歩を踏み出している」と語った。

Humanはこの数カ月間で驚くべき速さで成長した。Humanはマイクロソフト(R)、Amazon(R)、Google(R)のエンジニアとデザイナーのチームを結成し、このテクノロジーを実現した。

Pacific Northwestデザイナーおよびエンジニアのチームによって創設され、Amazon(R)とApple(R)の最初の投資家によって支援されるHumanは目的にかなったデザインを備える人間中心のテクノロジーを開発する企業である。Humanの最初のプログラムは「Sound」と簡潔に呼ばれるオーディオ・通信テクノロジーである。Humanはテクノロジーと人間を橋渡しするプログラムを開発することを目指している。

Humanに関する詳細はウェブサイトリンク を参照するか、Instagram(R)(リンク )、Facebook(R)(リンク )をフォロー。

Human(TM)Sound(TM)、Sound Program(TM)、Social(TM)、Fade(TM)、Amplify(TM)、Speak(TM)、Active(TM)、Sleep(TM)は米国およびその他の国でHuman, Incorporatedの商標である。その他の商標はそれぞれの所有者の財産である。

▽報道関係問い合わせ先
Mimi Newman
mimi@humaninc.com
+1 323-829-3332

ソース:Human, Inc.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。