logo

マーケター500人の声から生まれた プロモーション分析ツール「XICA magellan」正式リリース

株式会社サイカ 2016年09月20日 13時02分
From 共同通信PRワイヤー

2016年9月20日

株式会社サイカ

“マーケター500人の声”から生まれた
プロモーション分析ツール「XICA magellan」を正式リリース

株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役:平尾 喜昭/山田 裕嗣、以下サイカ)は、2016年9月20日より、マーケティング担当者向けの分析ツール「XICA magellan(サイカマゼラン、以下マゼラン)」を正式に提供いたします。これまで限定した企業に先行して提供してきましたが、実践を通してご要望いただいた機能の実装や有用な事例の獲得を経て、この度の正式リリースとなりました。

マゼラン(特許申請中)は、統計分析に基づいた「全体最適×高速PDCA」を実現するマーケティング・ミックス・プラットフォームです。具体的には、テレビCMのようなオフライン広告やリスティング等のオンライン広告が、外部要因((ex)パブリシティ、競合、天候…etc)の影響を受けながらどのように売上や各種KPIに繋がっているのかを毎日把握することができ、全体最適から導いた広告予算のアロケーション提案や、同アロケーション案を日々の運用に落とすための予実管理ダッシュボードを提供します。

■マゼラン導入企業一例:株式会社DMM.comラボ
株式会社DMM.comラボ(本社:東京都渋谷区、代表:開田 栄次郎、以下DMM.com ラボ)のマゼラン導入に関しては、サイカが運用改善をサポートいたします。

<DMM.comラボの課題とねらい>
現在のラストクリックを軸とした広告評価は、プロモーションの相互作用が可視化されていないため、impシェアの拡大に限りが出てしまいます。マゼランを導入することで、動画やテレビCMなどのブランディング広告や、競合他社のマーケティング活動の影響も踏まえた総合的な広告評価が実現するため、大幅な運用改善が見込まれます。より適正なPDCA運用の確立を期待し、マーケティング活動の全体最適化を目指していきます。

【その他導入企業例】
株式会社オールアバウトライフマーケティング、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 等
※新たな事例についてはプロダクトサイト(リンク)にて随時ご紹介予定です。

■マゼラン4つの特徴

(1) テレビCMをはじめとした、あらゆるプロモーション効果の可視化
マゼランは、統計分析の手法を駆使することにより、リスティングやディスプレイなどのオンライン広告のみならず、ソーシャルメディアや動画、さらにテレビやラジオ・雑誌などのオフライン広告にいたるまで、cookieでは追うことができない、あらゆるマーケティング施策のプロモーション効果を統合的に可視化することができます。また、外部要因((ex)パブリシティ、競合、天候…etc)も分析に取り込むことができます。総じて、マーケティングに関わる様々なデータがどのように関わり合っているのか、全体的なカスタマージャーニーと、各経路の影響力を把握することができます。(画面イメージ1 ナビゲーション画面)

(2) リアルタイムでの分析更新
マゼランは、各種マーケティングデータの分析を日々更新します。API接続によって自動的に収集された各種データに対してリアルタイムで分析を行い、高速PDCAの実現へつなげます。(一部、API非対応のものもございます)

(3) 広告予算の統合的な最適配分
マゼランでは、統合分析によって導かれた各広告施策の効果をもとに、最適なプロモーション予算の配分案を算出することが可能です。PC領域など、各種の施策カテゴリに閉じた部分最適ではなく、全体最適から鑑みた費用対効果の最大化を支援します。

(4) 直接効果だけではなく間接効果をも加味した「最適CPA」の算出
マゼランでは、広告予算の最適配分案をもとにした“目標のCPA”を広告メニュー別に算出することができます。ラストクリックだけではなく間接的な効果も加味した「最適CPA」は、マーケティング活動全体の成果最大化に向けた日々の広告運用を支えます。(画面イメージ2 ダッシュボード画面)

●マーケティング分析のトップランナーたちがマゼラン技術顧問にジョイン

■統計学・行動経済学・心理学を応用したマーケティング研究: 星野崇宏教授 (慶應義塾大学 経済学部)
「私がなぜサイカ様の技術顧問をお引き受けしたか、それはマーケティングを科学にし、最終的に消費者と企業どちらも幸せにするという点で同志だと感じたからです。
消費者の情報収集と購買意思決定のプロセスを踏まえた、ブラックボックスでない、“腹落ちする、関係者で共有できる、打ち手につながる”広告効果評価や、オンラインとオフラインにまたがるメディア間・期間の広告投入最適化は、飽きない広告やWebコンテンツという点で消費者に、過剰投入をなくし日々のWeb広告運用への指針を与えるという点で企業に大きなメリットがあります。
これらがマゼランとして具現化されたことを大変嬉しく思いますとともに、このサービスが日本のマーケティングや広告を大きく変えることを期待しております。」

■データサイエンティスト・オブ・ザイヤー2015: 原田博植氏
「現代を生きるマーケターは、どこまでも広域で影響範囲を見渡せる人でないと務まりません。マーケティングは人の意欲を促進する仕事で、人の感情を動かす仕事です。人の感情を動かことは、例えばビリヤードで複雑な配置のボールを繋いでナインボールをポケットするようなものです。そして現代、デバイスや通信環境の多様化により、ナインボールは9つどころか90や900のボールの連携を読んでポケットを目指すゲームへと変化しています。オンライン・オフライン広告を統合させたマーケティング全体の戦略は、ブランド企業にとって必修科目に進化しています。
全体最適の実践への落とし込み、実務でいうと日々のWeb広告運用へ、その最適解がつないでいけることを祈って、持てる力の全てで、サイカという若き才能にお力添えしたいと思っています。マス広告とデジタル広告のアロケーションに迷えるとき、マゼランが導いてくれるでしょう。皆様のフィードバックがマゼランを育てます。なにとぞ、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。」


【株式会社サイカについて】
サイカは、“すべてのデータに示唆を届ける”というビジョンのもと、統計分析システムの企画・開発・提供で急成長を遂げているベンチャー企業です。創業当時より「分析のプロ」ではなく「業務のプロ」であるビジネスパーソンをユーザー対象としており、その独自戦略で鍛え上げた操作性と直観性が評価されてきました。

【XICA magellan(マゼラン)に関する情報】
URL:リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。