logo

国内最大級の時計売場「タカシマヤ ウオッチメゾン 大阪」が高島屋大阪店に2016年11月3日(木・祝)オープン

株式会社高島屋 2016年09月16日 17時21分
From Digital PR Platform


高島屋大阪店では、11月3日(木・祝)に国内最大級の売場面積を誇る時計専門売場「ウオッチメゾン 大阪」をオープンいたします。近年、「こだわり消費」「本物志向」が高まりを見せるなか、時計需要は、年齢問わず、様々な嗜好をお持ち方から支持され拡大しており、今後もこの傾向は継続していくものと考えております。時計ブランドの路面店が少ない大阪地区において、この「ウオッチメゾン 大阪」をオープンし、お客様に、よりご満足いただける品揃え・サービス・環境を提供することで、売上の増大を図ると共に、なんばエリア界隈の活性化にもつなげてまいります。


I.計画概要
■売場名称 :タカシマヤ ウオッチメゾン 大阪
■所在地  :大阪府大阪市中央区難波5-1-5
       高島屋大阪店5階(スイスホテル南海大阪内)
■オープン日:2016年11月3日(木・祝)
■営業時間 :10:00~20:00
■投資額  :約3億円
■売上目標 :約60億円
■ブランド数:62 (内、日本初上陸1ブランド)
■展開点数 :約3,000点
■売場面積 :約1,100m2


II.計画のポイント
1.豊富な品揃えと魅力ある売場構成
(1)日本最大級の売場面積と豊富な品揃え
・主な取り扱いブランド
<A.ランゲ&ゾーネ><ヴァシュロン・コンスタンタン><ウブロ><オメガ><カルティエ><ジャガー・ルクルト><セイコープレミアム(グランドセイコー・クレドール・ガランテ)><タグ・ホイヤー><パテック・フィリップ><パネライ><フランク・ミュラー><ブランパン><ブレゲ><リシャール・ミル><ロレックス>など62ブランド(五十音順)

・日本初登場ブランド
<アーミン・シュトローム>

<アーミン・シュトローム>とは・・・
1967年に創業した時計専門店をルーツとするブランド。2009年には工房を設置して初の自社製ムーブメントを発表。1980年代、アーミン シュトローム氏によって導入されたスケルトン化の美学は今日の新しく革新的なムーブメント構造に息づいています。数字・インデックス等はダイアルリングを採用することで、できるだけムーブメントが露出でき、かつ時間や機能の良好な視認性を獲得しています。又、アーミン シュトロームの特徴としてベゼルの6時位置に配されたLipがあります。古典的なエンブレムをヒントにデザインされたLipはイニシャルを刻印するというパーソナライズも可能です。また、その他の特徴として、通常ムーブメントは時計のセンターにセットするべきであるとの哲学がありますが、<アーミン・シュトローム>では美的で均等の取れたデザインを採用しています。

(2) 「ショップインショップ」化による上質な売場環境と充実した商品構成
「時計ブティック街」をイメージし、各ブランドの世界観を表現するため、合計11ブランドをショップ形式(ショップインショップ化)で展開いたします。また新作や人気・限定モデルも充実し、魅力ある商品構成となっております。
11ブランドは以下のとおり
<A.ランゲ&ゾーネ><ウブロ><オメガ><カルティエ><ジャガー・ルクルト><セイコープレミアム><パテック・フィリップ><パネライ><ブレゲ><リシャール・ミル><ロレックス>

(3) 「セレクトゾーン」の設置
時計愛好家からファッション感度の高い男性・女性客に向けた幅広い品揃えの時計セレクトゾーンを設置いたします。美術館を巡るような回廊をイメージした環境の中で、<アーミン・シュトローム>等、日本初展開ブランド含め、コンプリケーション(複雑機械式時計)・スポーツ・ジュエリーウオッチ等様々な時計(約1,500点)をご用意しております。


2.メンテナンス・サービスの拡充
一生涯を通して大切にし、また次世代に受け継がれることも多い時計を、より末永くご愛用いただけるようメンテナンス・サービス体制を強化いたします。

(1) ブランドサービスカウンターの新設
・ロレックスサービスカウンター:独立したアフターサービス専用のスペースに、幅広い知識を持つ専門スタッフが常駐し、お手入れ方法からオーバーホールの受付など様々なアフターサービスに関するご相談を承ります。全国のサービスカウンターとして初めて採用するデジタルカタログもご用意し、<ロレックス>が誇るバリエーション豊富なダイアルが掲載された最新情報をいち早くご案内いたします。
・セイコープレミアムブティック専用の修理カウンター:専門知識を持つスタッフが常駐し、日ごろのお手入れからオーバーホールの受付など様々なアフターサービスに関するご相談を承ります。

(2) 時計付属品品揃えの拡充
「ウォッチリペアコーナー」の設置
時計替えベルトの展開点数を従来の約300点から約700点へ大幅に増やすことで、お客様の細かなニーズに対応いたします。また、アフターケアに関心の高いお客様にもご満足いただけるよう、ウォッチボックスやワインディングマシーンなどの保管器具や検査機器なども約20点ご用意しております。

(3) 時計商品知識提供の拡充
「タイムラリー」の設置
売場中央円形区画に、時計について、より知りたいお客様(時計愛好家)に向けたライブラリー「タイムラリー」(約20m2)を設置いたします。各ブランドが所有するアーカイヴスを含めた書籍やカタログのほか、幅広い時計の知識が得られるライブラリー及びモニター設置による機械式時計を中心とした商品知識の提案のほか、インテリアとしてのクロック、ワインディングマシーンなどの展示を行います。


3.その他
(1) インバウンド向けサービス拡充
いままでは化粧品売場でしか対応していなかった決済機能We Chat Payment、Alipayを[ウオッチメゾン 大阪]にも導入し、決済機能の改善を図ります。
(2) オムニチャネルへの取組み
時計専門サイト「グレッシブ」と連動した「タカシマヤ ウオッチメゾン 大阪」ホームページを開設いたします。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事