logo

仲里依紗がアーノルド・シュワルツネッガーと初共演!モバイルストライク新CM『奇襲篇』9月17日(土)より全国でOA開始

Machine Zone, Inc. 2016年09月15日 15時33分
From PR TIMES

米モバイルゲーム開発会社MZ(本社・カリフォルニア州パロアルト)の子会社であるEpic War(本社・カリフォルニア州パロアルト 代表取締役社長:Gabriel Leydon)は、「モバイルストライク (Mobile Strike)」(通称:モバスト)の新CMキャラクターとして、前作に引き続き、俳優アーノルド・シュワルツネッガーに加え、女優仲里依紗さんを起用し、新TV-CM『奇襲篇』(15秒)を9月17日(土)より全国でオンエアを開始します。




[画像: リンク ]

「モバスト」は、RTPlatform™というMZのリアルタイムテクノロジーを駆使し、世界中のプレーヤーと対戦しながら、コミュニケーションを取り、基地を建て、敵と戦い、同盟を組むアクション満載の最大級のリアルタイム戦略MMORPGです。誰もが現代の兵士として、グローバルCMキャラクターであるアーノルド・シュワルツネッガーさんのようなヒーロー体験ができます。

今回、CMキャラクターとしておなじみの俳優アーノルド・シュワルツネッガーさんに加え、新たに女優・仲里依紗さんを起用。
総司令官に扮する2人が、「モバスト」の世界観を再現する大迫力の戦闘シーンを繰り広げます。
新TV-CM『奇襲篇』では、アーノルド・シュワルツネッガーさんと仲里依紗さんのチームプレイの様子や、戦闘服に身を包み本格的な戦闘シーンを演じる仲里依紗さんの普段とは違うクールな雰囲気も見どころです。

■CM概要
タイトル   : モバイルストライク新TV-CM『奇襲篇』(15秒/30秒)
出演     : アーノルド・シュワルツネッガー/仲里依紗
放送開始日 : 2016年9月17日(土)

■「奇襲篇」CMストーリー(15秒/30秒)
無数の戦闘機が飛ぶ戦場。
攻撃と追撃を繰り返す中で、冷静に上空から戦いの様子を見つめる司令官のアーノルド・シュワルツネッガーさんと仲里依紗さん。味方の戦闘機が攻撃されたのをきっかけに「MOBILE STRIKE!」の掛け声とともに、見事なチームプレイで敵陣に反撃し、見事勝利を勝ち取ります。「今日はこれ位にしといてやるぜ」と言い放つ、普段と違うクールな雰囲気の仲里依紗さんをお楽しみいただけるCMとなっています。本作品では、ヘリコプターの同盟集団が敵の基地を攻撃するというストーリーで、「同盟」と「攻撃」の両方のゲーム要素をこのTVCM内で表現しています。また、司令官の二人がスマートフォンで全ての攻撃を行う事で、司令官が自分の軍をコントロールし、同盟とコミュニケーションをとるゲームの特徴を表現しています。

■プロフィール
俳優 アーノルド・アロイス・シュワルツェネッガー
1947年7月30日生まれ。アメリカ合衆国の映画俳優。日本ではシュワちゃんの愛称で呼ばれている。代表作に『ターミネーター』シリーズなどがある。「モバスト」のTVCMシリーズには初回より出演。

女優 仲里依紗
1989年長崎県生まれ。
代表作に映画「時をかける少女」「ゼブラ―マン~ゼブラシティの逆襲~」、ドラマ「テミスの求刑」「逃げる女」など。NHK-BS「The Covers」ではMCを務める。12月23日に映画「土竜の唄~香港狂騒曲~」が公開予定。

■ 撮影エピソード
今回のCM撮影は、今年の5月にスペイン ガラナの採石場として有名なエリアで行われました。
撮影場所は、まるで砂漠で撮影したかのような戦地をイメージさせるロケーションで、本格的な戦場の世界観を再現。今回のCMは、アーノルド・シュワルツネッガー主演映画の監督も務めた、ヘンリーホブソン氏が監督を担当し、臨場感のあるCMに仕上がりました。
作品中、アーノルド・シュワルツネッガーさんが撮影で乗った飛行機は「Bell412」ですが、CGにより「ブラックホール」に乗っているかのような加工に。また、仲里依紗さんは、今回の1日の撮影の為に、日本からスペインに移動しています。仲さんもアーノルド・シュワルツネッガーさんに負けない、本格的な戦闘シーンを演じていますが、実は椅子に座った状態で撮影は行われています。後で戦闘機「AH-64 (アパッチ)」がモデリングされ、戦闘機に乗った女司令官を見事に再現しています。

■ 商品情報
タイトル:Mobile Strike
ジャンル:MMO
公式サイト:epicwar.jp
対応機種:iOS、Android
価格:無料
配信・開発:Epic War, LLC
著作権表示:Copyright(C)2015 Epic War, LLC All rights reserved.

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。