logo

中国海外観光の主流はポスト80年代生まれ、UnionPay(銀聯)決済で旅行快適に

銀聯国際 (UnionPay International) 2016年09月14日 14時13分
From 共同通信PRワイヤー

中国海外観光の主流はポスト80年代生まれ、UnionPay(銀聯)決済で旅行快適に

AsiaNet 65724(1145)

【上海(中国)2016年9月14日新華社=共同通信JBN】中国国家観光局が発表したデータによると、2016年上半期に5903万人の中国人が海外旅行に出掛け、前年同期比で4.3%増加した。中秋節(今年は新暦の9月15日)と国慶節(10月1日)が近づき、中国の海外観光は新たなピークを迎えようとしている。

中国旅行研究院(China Tourism Academy)が発表した中国の海外ツーリズム報告2016年版(Annual Report on China's Outbound Tourism 2016)は、2015年の中国人海外観光客の大半がポスト80年代生まれ(25~34歳)だったことを明らかにした。若・中年の観光客は団体ではない深く掘り下げた旅行、家族旅行、レジャー旅行をより望んでいる。UnionPay(銀聯)の便利な決済サービスは観光客の旅行体験を向上させている。

▽海外旅行者の多様な要求に対応
旅行代理店のデータによると、中秋節には短距離旅行に人気があり、国慶節には長距離旅行が好まれる。タイ、韓国、日本、バリ島が中秋節の主要目的地であるのに対し、米国、英国、オーストラリア、ニュージーランドは国慶節に人気が高い。

タイ、日本、米国、オーストラリアなどの主要観光地でUnionPay(銀聯)カードを使用するのは便利であり、UnionPay(銀聯)カードはロイヤル・カリビアンン・クルーズも受け入れている。

▽限定的なサービスと特典を提供
UnionPay(銀聯)カードは中国本土以外で、1800万の小売店と130万の現金自動預払機(ATM)で利用できる。カードを紛失するか盗まれた場合、カード保有者は220カ国・地域の40万以上の店舗で5000米ドルまでの現金支援を申請することができる。

UnionPay(銀聯)は海外38カ国・地域-フランス、ドイツ、イタリア、英国など欧州の31カ国とアルゼンチン、オーストラリア、シンガポール、韓国、日本、マレーシア、台湾と中国で、税金還付サービスを開始した。

今度の休日で観光客は多彩なUnionPay(銀聯)の特典も享受できる。50デスティネーションの300店での15%割引、クルーズや「シンガポール・ゴールデンウィーク」の特典である。

銀聯国際(UnionPay International)はカード利用体験を総合的にアップデートする「You Ji Hua」を立ち上げた。位置情報サービス、的確なマーケティング、国境を越える消費の即時ディスカウントを実現、顧客はモバイルアプリの「ギフト」サインを見つけてQRコード・クーポンを手に入れるか、航空券やホテルの予約時にクーポンを受け取ることができる。そのクーポンを提示してUnionPay(銀聯)カードで支払えば、カード保有者は最大の割引を受けることができる。

詳しい情報はリンク を参照。

ソース:UnionPay International

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。