logo

セゾン情報システムズと東海ソフト、FA/産業機器向けのIoTプラットフォーム提供で提携

~ 国内主要PLCのデータを安全・確実にクラウドへ連携 ~

株式会社セゾン情報システムズ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:内田和弘(以下、セゾン情報システムズ))と東海ソフト株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:伊藤秀和(以下、東海ソフト)は、国内主要プログラマブルロジックコントローラ(以下、PLC)に対応したIoTプラットフォームを提供し、IoT活用による製造業のスマートファクトリー化支援で提携したことを発表します。

■ 提携の背景
現在、製造業において設備本体の予知保全や生産ライン監視による生産性改善や品質向上など、IoTを活用した先進的な取り組みが行なわれ始めています。その製造業のファクトリーオートメーション(以下、FA)や産業機器をIoT化する上で、以下が課題となっています。
1. PLCから容易にデータを取得できないこと
2. PLCから取得したデータを安全かつ確実にサーバーへ転送できないこと
FAには横断的に複数メーカーのPLCが存在し、それぞれのメーカー毎に通信手続きが異なるため、専門の技術者がいないユーザー企業にとって、外部機器へのデータ転送は難易度が高い状況にあります。またFAから収集したデータは、企業機密を含むため、サーバーへ転送する際に、情報漏洩や改ざん防止などのセキュリティ対策が必要となります。このようにFAのIoT化を実現するには、システム構築に多くの時間とコストがかかります。

■ 提供ソリューション
FAにおけるIoT化の実現には、通信手続きの技術的難易度に加え、セキュリティに対するリスク管理も要件が加わり、導入ハードルは低くありません。これらの課題を解決し、迅速かつ低コストでFA/産業機器のIoT化を支援するため、今回のパートナーシップの締結となりました。具体的には、東海ソフトのクラウド仮想デバイス「Flex Device」とセゾン情報システムズのIoTデータ転送ソフトウェア「HULFT IoT」の2製品を組み合わせ、IoTデバイスから取得したデータをクラウドに接続し、各デバイスの稼働状況の「見える化」や「遠隔管理」を簡単に実現できるソリューションを提供いたします。

両社の製品特長は以下の通りです。
1. 東海ソフトクラウド仮想デバイス「Flex Device」
 主な特長
- 1970年の創業以来蓄積している、FA・組込領域の技術をソフトウェア化
- 国内主要PLCから、FAデータをノンプログラミングで収集が可能
2. セゾン情報システムズIoTデータ転送ソフトウェア「HULFT IoT」
 主な特長
- 金融取引を中心としたミッションクリティカル領域のデータ転送で20年以上、8,400社 の実績を保有
- IoT領域用に最適化された HULFT IoTはデバイスでも安定して稼働し、これまでの安全・確実の価値を提供

■ スケジュール・ビジネス目標
2016年10月1日より、東海ソフトからソリューションを提供します。2018年度までに、100社への販売を目標とします。
商標関連
・「HULFT」その他「HULFT」関連製品は、セゾン情報システムズの登録商標です。
・その他の会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。
HUFLT-IoT 及び Flex Device は、アットマークテクノ製「Armadillo-IoTゲートウェイ」上で利用が可能です。このたびの提携について、株式会社アットマークテクノは下記のとおりコメントしています。

■株式会社アットマークテクノ 代表取締役 實吉 智裕様
2社の新規サービスの対応ゲートウェイとして、弊社の「Armadillo-IoT」を認定いただき光栄です。Armadillo-IoTは、組み込みプラットフォーム「Armadillo(アルマジロ)」の開発を通じて約15年に渡り培
ってきた技術をベースに、氷点下でも動作する環境性能など、量産製造にも適した堅牢な設計を施したIoTゲートウェイです。Armadillo-IoTは以前よりFlex Device対応デバイスとして提供してまいりましたが、このたびHULFTも利用できる環境が整うことで、Armadillo-IoTゲートウェイを通じてFA・産業機器のIoT化促進に貢献できると期待しております。

■東海ソフト「Flex Device」について
(製品詳細URL:リンク
Flex Deviceは、東海ソフト製のクラウドサービスで、インターネットに接続する機器(デバイス)をクラウドから一元管理できることが特長です。FA機器などの制御に使われるPLCでの利用を推進しており、国内主要メーカー各社の主なPLC製品のプロトコルをほぼ網羅しています。

■セゾン情報システムズ「HULFT IoT」について
(製品詳細URL:リンク
「HULFT IoT」は、世界 42 ヵ国以上の金融システムで採用されているファイル連携製品「HULFT」の品質
をそのままに、IoT システム向けに最適化されたソフトウェア製品です。決済やセキュリティ、機器監視、
位置追跡などデータ欠落が許容されない “IoT ミッションクリティカル” の領域で、デバイスとクラウ
ドサービス間の、安全・確実なデータ連携を実現します。

■東海ソフト株式会社について
本社:〒451-0043 愛知県名古屋市西区新道2-15-1
設立:1970年5月30日
代表者:伊藤 秀和(代表取締役社長)
資本金:2億2,115万円
事業内容:ソフトウェア受託開発事業(製造・物流関連、組込み関連、金融・公共関連)
URL:リンク

■株式会社セゾン情報システムズ について
本社:〒170-6021 東京都豊島区東池袋3-1-1サンシャイン60 21F
設立:1970年9月1日
代表者:内田和弘(代表取締役社長)
資本金:1,367,687,500円
事業内容:カードシステム事業、流通・ITソリューション事業、HULFT 事業
証券コード:9640 (東京証券取引所JASDAQスタンダード市場)
URL:リンク

このプレスリリースの付帯情報

システム連携イメージ図

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

<報道関係者様からのお問合せ先>
東海ソフト株式会社
営業本部第1営業部:白水
TEL: 052-563-3571
E-mail:info@tokai-soft.co.jp

<製品に関するお問合せ先>
東海ソフト株式会社
営業本部第1営業部:白水
TEL: 052-563-3571
E-mail:flexdevice@tokai-soft.co.jp

<報道関係者様からのお問合せ先>
株式会社セゾン情報システムズ
広報担当:豊田・湯村
TEL: 03-3988-3477
E-mail:kikaku@saison.co.jp

<製品に関するお問合せ先>
株式会社セゾン情報システムズ
HULFT事業部マーケティング部:高山
TEL: 03-6863-5610 Mobile:080‐6774‐6951
E-mail:info@hulft.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。