logo

世界の宝石情勢を一変させる初のP2Pダイヤモンド仲介市場

Hong Kong Accredited Diamond Exchange 2016年09月14日 11時05分
From 共同通信PRワイヤー

世界の宝石情勢を一変させる初のP2Pダイヤモンド仲介市場

AsiaNet 65705 (1141)

【香港2016年9月14日PR Newswire=共同通信JBN】香港で何度も企業を立ち上げた著名起業家の施永青氏が支援するHong Kong Accredited Diamond Exchange(HKADE、hkade.com.hk、香港鑽石交易所)は、信頼できる鑑定サービスと非現物決済をサポートする特別の投資配慮を備えた初のオンライン・ピアツーピア(P2P)国際ダイヤモンド市場を開設する。

マルチメディア・リリースの全文は以下を参照。
リンク

▽既存宝石市場にインパクトを与えるP2Pトレンド
施永青氏は「ダイヤモンドの小売価格と再販価格の間には大きな格差がある。これはダイヤモンド市場に関する情報が必ずしも明快とは限らないからである。しかし、われわれがインターネットを通じて買い手と売り手を直接つなげば、この価格格差は大幅に縮小できる」と語った。

現在、ダイヤモンドの価値は完全には理解されていない。しかし、再販市場が完備されれば、投資価値、再販価値、予想利益は増大すると思われる。次いで、全市場のダイヤモンド需要は高まる。すでに業界の厳しい競合にさらされている宝石業者にとっていいニュースになる。

Airbnb(エアビーアンドビー)やAlibaba が設立したTaobao(タオバオ)のように、ピアツーピア・プラットフォームは直販を通じて、これまでにない利益を一般大衆にもたらす。このトレンドがいよいよ宝石業界に及んできた。とはいえ、エンドユーザーツーエンドユーザー・コネクションは通常、品質や真がん性をコントロールすることがほとんどできない。HKADEは一般の懸念に応えるため、高度な訓練を受けた専門家と米国宝石学会(GIA)の装置の助けを得て、取引されるあらゆるダイヤモンドに対する厳格な鑑定を提供する。売り手はリスティング前か購入後に、宝石を鑑定に出すオプションがある。指標価格もオンライン小売価格の参照として優れている。このため、宝石学の知識がない人々も自信を持ってショッピングすることができる。

▽ダイヤモンド投資はもはや神話ではない?
人々は数十年にわたり、鉱山やダイヤモンド企業への投資、ダイヤモンド上場投信(ETF)など、ダイヤモンドを投資オプションにする道を追求してきた。実物のダイヤモンドに対する投資は、宝石専門家とインサイダーだけの特権とみなされる。しかし、HKADEが世界の一般大衆に再販市場取引の門戸を開放して以来、状況は変わりつつある。

HKADEの安全な保管サービスは潜在投資家向けになっている。HKADE共同創業者のチェリー・レオン氏は「われわれが保管する全てのダイヤモンドにはSafe Keeping Receipt(SKR、保管預かり証)があり、オンラインでそれが所有者の証拠として即時認定される。SKRには宝石の全鑑定データだけでなく、写真付き証明書になる360度のビデオ映像も含まれている。われわれが宝石を保管している限り、ユーザーはより迅速かつシームレスにSKRで取引ができる。金の取引のように簡単である」と語った。すなわち、SKRは全て実物ダイヤモンドに物理的に裏付けられているということである。

イノベーションが伝統的産業にもたらすインパクトは常に刺激的である。結局、人々はいま、ぜいたくなきらめきにお金を使う説得力ある理由を獲得したといえる。

HKADEは現在、GIA/AGS鑑定書が付いた0.85カラット以上のホワイトダイヤモンドを受け入れている。

詳しい情報はwww.hkade.com.hkを参照、または以下に問い合わせを。
services@hkade.com.hk
+852-2652-1911

Photos:
リンク
リンク
リンク
リンク
Video: リンク

ソース:Hong Kong Accredited Diamond Exchange

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。