logo

次世代型マーケティングプラットフォーム「B→Dash」が、「LINE ビジネスコネクト」と機能連携

株式会社フロムスクラッチ 2016年09月13日 12時00分
From PR TIMES

~新たなパーソナライズソリューションの提供を実現~

株式会社フロムスクラッチ(本社:東京都新宿区/代表取締役:安部泰洋)が開発・提供する、次世代型マーケティングプラットフォーム「B→Dash(ビーダッシュ)」がLINE株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:出澤剛、以下LINE)が提供する「LINE ビジネスコネクト」との機能連携が決定したことをお知らせいたします。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

 


「B→Dash」は、デジタルマーケティングにおける集客施策の領域から、販売促進、営業支援、顧客管理に至るまで、マーケティングプロセス全体に渡る、あらゆる業種・業態のビッグデータの統合/分析/管理/改善(※1)を可能にするSaaS型の次世代型マーケティングプラットフォームです。

 今回、「B→Dash」と「LINE ビジネスコネクト」の機能連携が実現されることにより、よりパーソナライズされたマーケティング施策を行うことが可能になります。メール等の従来のプロモーションに加え、新たに「LINE」によるプロモーションが実施できるため、よりユーザーごとの行動や嗜好性に即したアプローチが実現します。

 ※1「B→Dash」は、統合(=プライベートDMP / DWHほか)、活用(MA / CCCM / レコメンドほか)、分析(アナリティクス / BIほか)をはじめとして、あらゆる機能を搭載したマーケティングプラットフォームのソリューション。

(連携イメージ図)
[画像3: リンク ]



 「B→Dash」には集客領域から顧客管理領域に至るまで、ユーザーの属性・行動・購買データなど、あらゆる情報が統合されており、過去のユーザーの購買行動から学習した商品/コンテンツ/配信頻度等の最適化やレコメンドを行うことができます。これにより、「LINE」を活用したコミュニケーション自体の最適化・強化・改善も可能(※)になります。

 平成25年を境に、スマートフォンの保有率は上昇し続けています。時代の流れに合わせ、各企業はサービスの設計やプロモーション手法を急速にモバイルシフト化させています。日本においては、人口の約45%以上が利用していると言われる「LINE」を活用したプロモーションを行う企業が増えています。

 「LINE」をプロモーションに活用することで、既存顧客・新規顧客にかかわらず、ユーザーと継続的な関係を築いていくことができます。今後、ユーザーとコミュニケーションをとる際に、配信回数やタイミング、内容をユーザーに合わせてプロモーションを実施することが必要不可欠となります。今回、「B→Dash」と「LINE ビジネスコネクト」の機能連携により、従来の一斉送信型のキャンペーンから、顧客情報・システムと連携させ、必要な情報をベストなタイミングで配信する本質的なOne to Oneマーケティングの実現を目指して参ります。

 株式会社フロムスクラッチは、「B→Dash」の開発・導入を通じて、あらゆる企業のデジタルマーケティングの基盤強化を支援いたします。

【LINE ビジネスコネクトとは】

 LINE株式会社が公式アカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービスです。「LINE ビジネスコネクト」を活用することにより、従来の企業公式アカウントのような、LINEユーザーへの一方通行のメッセージ送信だけでなく、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージを送り分けることができるようになります。
さらに、ユーザーの同意のもと、企業の持つ既存のデータベースや、自社システムとLINEアカウントを連携させることで、メッセージ送信ツールとしての域を超え、顧客管理(CRM)ツールや、業務ソリューションツールとしての利用も可能(※)になります。

※LINEでは、LINEアカウントに紐付いた各企業の顧客データを保持することはありません。


【次世代型マーケティングプラットフォーム「B→Dash」とは】
 「B→Dash」は、企業が保有するユーザーデータ・広告データ・購買データなど、マーケティングプロセス上に存在する全てのビジネスデータを、一元的に統合・活用・分析できるSaaS型のマーケティングソリューション、“次世代型のマーケティングプラットフォーム”です。

 「統合」:プライベートDMP / DWHほか、「活用」:MA / CCCM / レコメンド / WEB接客ほか、「分析」:アナリティクス / BIほかをはじめとして、あらゆる機能をオールインワンで搭載しています。

 今後は、「B→Dash」に蓄積された膨大なマーケティングデータを、機械学習をはじめとする人工知能技術を活用することで、マーケティングテクノロジー領域における新たなソリューション開発を加速させてまいります。

 また、「B→Dash」の開発・提供をする株式会社フロムスクラッチは、2015年に、ドレイパーネクサス、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、電通デジタル・ホールディングスやグローバル・ブレイン、NVCCなどを対象に、総額約13億円の第三者割当増資を実施しました。これにより、さらなる「B→Dash」の開発強化を進めることにより、多くの企業のマーケティング支援に注力して参ります。

●「B→Dash」の詳細はこちら
URL:リンク

【株式会社フロムスクラッチについて】
 フロムスクラッチは、ビッグデータ×人工知能を主軸に事業を展開するデータテクノロジーカンパニーです。
現在は、マーケティングテクノロジー領域におけるソリューションである「B→Dash」の開発・提供を中心に事業を展開しています。

 


今後は、人工知能の研究開発、海外展開、「B→Dash」の機能強化に加え、「ビッグデータの取得・統合」と「人工知能によるデータ活用」の技術を通じ、様々な領域での事業展開を予定しています。

【フロムスクラッチ会社概要】
・会社名:株式会社フロムスクラッチ
・代表者:代表取締役 安部 泰洋
・所在地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目20番1号住友不動産西新宿ビル17階
・設立:2010年4月6日
・事業内容

-Marketing Strategy事業
・次世代型マーケティングプラットフォーム『B→Dash』の開発、並びに導入支援
・事業戦略立案支援
・Digital Marketing戦略、並びに解析支援
・Business Process構築支援
・URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事