logo

CyberZ、人工知能を活用した開発組織「AI技術推進室 (AITEC)」を設立~第一弾としてスマホ広告向け効果測定ツールF.O.XにおけるTVCM分析機能をリリース~

株式会社CyberZ 2016年09月13日 11時04分
From PR TIMES



株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード 4751)の連結子会社である株式会社CyberZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山内隆裕)は、人工知能を活用した広告の自動化・効率化、並びにアドテクノロジー分野におけるサービス開発を目的とした「AI技術推進室 (AITEC:アイテック)」を設立いたしました。第一弾として、当社が提供するスマートフォン広告向け効果測定ツール「F.O.X」におけるTVCM分析機能の提供を開始いたしました。

人工知能(AI:Artificial Intelligence)の市場規模は2015年に3兆円、2050年には8兆円になると予想されているだけでなく、WEB広告・レコメンデーションの分野単体の市場においても2015年には5,666億円、2020年には1兆円に近い規模の市場に成長すると予想されています。(※1)特に人工知能の中でも機械学習や深層学習の研究分野はWEB広告における広告の自動最適化やオートメーションに活用できると注目を集めております。

「AITEC」では、当社が既に所有するアドテクプロダクト(※2)におけるAI技術の導入やAI技術を活用した新サービスの開発に取り組んでまいります。第一弾として当社が提供するスマートフォン広告向け効果測定ツール「F.O.X」にて、機械学習を用いたTVCM分析機能をローンチいたしました。これは、今までのスマートフォン広告分析に加え、TVCMにおけるプロモーション効果の分析が可能になるというものです。本機能はTVCMによるアプリのインストール、アプリ起動などのリエンゲージメント効果やWEB広告への影響を分析することが可能です。

更に株式会社ゼータ・ブリッジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:安藤尚隆)が保有する「TVCMメタデータ」と連携し、関東圏のCMをモニタリングすることがF.O.X上で可能になります。「TVCMメタデータ」はゼータ・ブリッジ社独自の自動認識エンジンを活用してテレビCMの放送履歴を生成しております。

当社は創業以来スマートフォン広告事業の発展に従事しておりますが、今後はAIの技術を活用することで、より一層、企業のスマートフォンプロモーションの問題解決や効果向上への寄与を目指すとともに、広告効果の最適化に努めてまいります。

※1 情報通信審議会「IoT/ビッグデータ時代に向けた新たな情報通信政策の在り方」中間答申(平成27年12月14日) 注:野村総合研究所作成資料
※2 当社では、スマートフォン広告効果測定ツール「F.O.X」や自動入札ツール「BID EXPRESS」、クリエイティブの効果計測ツール「CREATIVE BOX」など様々なアドテクプロダクトを提供しております。

■ 株式会社CyberZについて
スマートフォンに特化した広告マーケティング会社として2009年に設立しました。サンフランシスコ、韓国、台湾支社をはじめ全世界対応で広告主のマーケティング支援をしております。当社が提供するスマートフォン広告ソリューションツール「Force Operation X」は、2011年2月に国内で初めてスマホアプリ向け広告効果計測を実現し、Facebook社の「Facebook Marketing Partners」や、Twitter社公式プログラム「Twitter Official Partners for MACT」に認定されております。また、メディア事業においてはゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」を運営しており、2015年からe-Sports大会「RAGE」を日本国内にて運営しております。

■ 会社概要 リンク
社名:株式会社CyberZ
所在地:東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティ16階
設立:2009年4月1日
代表者:代表取締役社長 山内隆裕
事業内容:スマートフォン広告事業、スマートフォンメディア事業

■ 本リリースに関するお問い合わせ
株式会社CyberZ   広報担当:高井
E-mail: press@cyber-z.co.jp   Tel:03-5459-6276

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事