logo

フランス・パリに4店舗構えるチョコレートのBean to Barブランドシャポンから女性に人気のチョコレートをセットにしたギフトBOXが新登場。9/10(土)から通販サイトで発売開始。

PACK ARTS株式会社 2016年09月12日 09時30分
From PR TIMES



フランス・パリに4店舗構えるチョコレートのBean to Barブランドシャポンから、シャポンのチョコレートの中でも1番女性に人気のチョコレートをセットにしました。

Bean to Bar工程で作られているチョコレートは、チョコレートマニアも納得の味。本格チョコレートなのみ見た目が可愛い、とチョコレート好きの女性に人気。プレゼントや手土産に購入される方のご要望にお答えして、人気のチョコレートをセットにしました。

[画像1: リンク ]

可愛いクマのチョコレートはホワイトチョコレートに直接プリントしている為、そのまま食べることが出来る。中にはBean to Bar工程で作るさくさくのプラリネが入っており、ホワイトチョコレートとマッチし甘すぎない。本格Bean to Barチョコレートではあまりみないオシャレなデザインが女性に人気。

[画像2: リンク ]

(※写真はタブレットシトロン)
カシスタブレット、シトロンタブレットはBean to Bar工程で作られたビターチョコレートの中に、カシス、シトロンそれぞれのペーストが入っている。シャポンがビターチョコレートはただ苦い、渋いだけではない、苦味の中に甘みを感じれる。そんなビターチョコレートと甘酸っぱいカシス、シトロンの相性は抜群。シャポンギフトBOX1度食べるととクセになる味。

お世話になっている人、友人の誕生日、彼女へのプレゼント、自分への頑張ったご褒美、様々なシーンで楽めるセットに仕上がりました、1度してみてはいかがだろう?


シャポンとは・・?

[画像3: リンク ]


カカオの旅人、 ショコラティエ、 パトリス・シャポンは、 元はバッキンガム宮殿のお姫様に専属で仕えていた、 最高峰のアイスクリーム職人。 日々の公務に追われる忙しいお姫様のひと時の癒やし、 そして喜びになるようなスイーツを毎日創り続けていた。

その彼がカカオが持つ様々な魅力に衝撃を受けて、 ショコラティエとしての道に専念することを決意し創り上げたブランド。 それこそがBean to Barのチョコレートブティック「シャポン」だ。
世界でもパリに4店舗のみ。 本店があるフランス・パリと日本でしか買えないショコラだ。


Bean to Barとは・・?

[画像4: リンク ]


『Bean to bar』は、 Bean(カカオ豆)からbar(チョコレート)を作るという意味。
カカオ豆の状態から板チョコレートになるまでの全ての工程を自ら管理し行うことで、 より高いクオリティのチョコレートを作ることが出来る。
Bean to Barのチョコレートでは、カカオ本来の甘さ・香り・苦味などを最大限に感じることが出来る。日本でも最近話題になっている。


世界各国のカカオをBean to Bar工程で作ったタブレットチョコレート

[画像5: リンク ]


Bean to Bar工程で作られているタブレットチョコレートは世界でも、日本ではまだ珍しい。
シャポンは世界でも5本の指に入るBean to Bar職人であり、そのチョコレートはフランスパリと日本でしか味わえない貴重なチョコレート。

タブレット全19種類  ¥2,000~
・ブラジル カカオ70%
・ニカラグア チュアオ カカオ70%
・フォルトゥナート ペルー カカオ70%
・コンビア カカオ70%
・ガーナ・インドネシア・エクアドル 80%カカオ
・ベネズエラ カカオ75%
・ミルクとココアのチップ 45%
・キューバ カカオ75%
・ガナッシュ カシス
・プラリネ・ピスタチオ
・ガナッシュ シトロン
・リオカリブ・ベネズエラ100%カカオ
・ノアールメキシコ
・ノアールヌガティーヌ
・ノアゼット・ピエモント・ピスタチオ
・エクアドル カカオ75%
・マダガスカル カカオ75%
・ガーナ75%カカオ
・オリジナルチュアオ
(※時期により入荷状況が変わる)

シャポン通販サイト公式HP
リンク
シャポン公式HP
リンク

この秋、全国百貨店にて期間限定出店予定
■シャポン今後の出店予定
10/8~10/10 金沢まんぷく祭り
11/3~11/7 福井グルメ博

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。