logo

ライトウェアのKanziが新型Karma Reveroのデジタル運転席システムを駆動

Rightware 2016年09月09日 18時05分
From 共同通信PRワイヤー

ライトウェアのKanziが新型Karma Reveroのデジタル運転席システムを駆動

AsiaNet 65656(1120)

【パロアルト(米カリフォルニア州)2016年9月9日PR Newswire=共同通信JBN】米国のカリフォルニア州を本拠とするKarma Automotiveはこのほど、自動車用ヒューマンマシン・インターフェース(HMI)ソフトウエア・ソリューションの大手プロバイダーであるライトウェア(Rightware)のKanzi(R)ユーザーインターフェース(UI)ソフトウエア搭載のデジタル運転席がある高性能・高級プラグイン・ハイブリッド車Karma Reveroを発売した。革新的な新型車には、全面デジタル・ダッシュボードと高解像度のインフォテインメント・システムという2種類の統合HMIを持つデジタル運転席があり、Karmaの際立つブランドイメージを一層高めている。

(Photo: リンク

かつてFisker Automotiveとして知られていたKarma Automotive(Karma)(リンク )は高性能・高級ハイブリッド車のパイオニアである。KarmaはライトウェアのKanzi(リンク )によって生み出されたデジタル運転席体験を特徴とする最新型のKarma Reveroを売り出した。デジタル運転席は、区別されているが統合・相互接続された2種類のHMI-全面デジタル・ダッシュボードとインフォテインメント・システム-で構成されている。これらのHMIはシームレスにデータを共有し、ドライバーに凝集されたブランド・ユーザー体験をもたらしている。

Karma AutomotiveのUX(ユーザー体験)・HMI設計マネジャーのデービッド・ウィット氏は「Karma Automotiveのビジョンは刺激を与えること。われわれはドライバーとブランドの情緒的関係を形成する特異体験を生み出すために時代を超える設計を目指し、最新・最高の技術を使う。デジタル計器盤とインフォテインメント・システムは、このつながりをつくる上で大きな役割を果たす。われわれはKanziによって、魅力的な独特のデジタルユーザー体験を迅速に生み出すことが可能であり、それはわれわれの特異なブランドアイデンティティーを反映し、Karmaの運転体験を次の段階に引き上げる」と語った。

Karma Reveroのデジタル・ダッシュボードは、ドライバーの好みに合わせて設定を変えることができる。その中心は統合インフォテインメントと地図コンテンツを備えたデジタル・スピードメーターである。デジタル・ダッシュボードはReveroの高解像度インフォテインメント・システムに統合され、スクリーンは活力ある60FPS(1秒当たりフレーム数)でアップデートされる。インフォテインメント・システムは、HVAC(空調)およびインフォテインメント機能に統合的にアクセスする高反応で魅力的なユーザー体験を与え、わずかなタッチだけで容易に操作できる。Karmaにとって持続的革新は重要であり、Kanziの小さいメモリーと保存記録のおかげで、KarmaはOTA(無線通信経由)の更新によってユーザーインターフェース・ソフトウエアを簡便にアップデートできる。

ライトウェアのビル・イルヴェス社長は「高性能ハイブリッド高級車部門の先駆者であるKarma Automotiveと協力できてとてもありがたい。Karma Automotiveは技術と設計を融合させる革新的手法に加え、ブランドと運転体験の双方のためにインフォテインメント・システムがもたらす差別化の高い価値と機会を深く理解し、評価している」と語った。

▽Kanziによって迅速なUI開発が可能
Karma Automotiveが新型車Karma ReveroのためにKanziを選んだ主な理由の1つは、迅速なUI試作と設計から製造までの継ぎ目のない移行を可能にするKanziの性能である。Karmaは最新型車用に品質面で妥協することなく、新しい驚くほど視覚的に峻別されるデジタルユーザー体験を短時間で生み出すため、UIソリューションを必要としていた。スケーラブルなKanziプラットフォームで、Karma Automotiveはわずか数カ月の間に2つの高品質HMIを創出し、開発期限に間に合わせることができた。Karmaの中核UIチームはKanziのおかげで継続的な設計反復を機敏に行い、設計変更を素早くハードウエアでテストすることが可能になった。Kanziが提供した幾つかのプラグインは、Karmaが設計過程の当初からカーエレクトロニクスと全面的なコネクティビティーを確立することに役立ち、それは開発をかなり加速した。

▽ライトウェアについて
ライトウェア(Rightware(R))は、最先端のユーザーインターフェース技術のマーケットリーダーで、迅速なユーザーインターフェースの設計・開発用Kanzi(R)ソフトウェア製品群によって、自動車産業などの組み込み型産業に奉仕している。デロイトの2015年に最も急成長しているハイテク企業「ファスト50」リストにノミネートされたライトウェアは、フィンランドに本拠を置き、シリコンバレー、デトロイト、ソウル、東京、上海、ロンドン、ニース、トリノ、ミュンヘンにオフィスを構えている。

リンク

▽問い合わせ先
Ville Ilves
President, Rightware Inc.
+1-877-775-2694
ville.ilves@rightware.com

ソース:Rightware

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。