logo

EFレンズ累計生産本数1億2,000万本を達成

キヤノンは、2016年8月26日にレンズ交換式カメラEOSシリーズ用の交換レンズである「EFレンズ」の累計生産本数1億2,000万本を達成しました。




[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



■ 累計生産本数1億2,000万本を達成
「EFレンズ」は、銀塩方式のAF一眼レフカメラEOSシリーズ用の交換レンズとして、1987年に宇都宮工場で生産を開始して以来、台湾キヤノン、キヤノンオプトマレーシア、大分キヤノンの4拠点で生産を行い、幅広いユーザーの支持を受け、生産本数を伸ばしてきました。

1995年に累計生産本数1,000万本、2009年に5,000万本、2014年4月には世界で初めてカメラ用交換レンズ累計生産本数1億本を達成しました。このたび、2016年8月に累計生産本数1億2,000万本を達成し、カメラ用交換レンズの累計生産本数において世界最多記録を更新しました。なお、1億2,000万本目に生産したレンズは「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」でした。


■ 先進の光学技術と充実したラインアップ
1987年3月に、EOSと同時に誕生した「EFレンズ」は世界初となるさまざまな技術とともに進化を続け、業界をリードし続けています。具体的には、「USM(超音波モーター)」や「IS(手ブレ補正機構)」、「DO(積層型回折光学素子)」、高い反射防止効果を生む特殊コーティング「SWC(Subwavelength Structure Coating)」などを業界に先駆けて導入し続けてきました。

現在では、製品ラインアップ合計で焦点距離8mmの超広角から800mmの超望遠までをカバーするレンズ交換式カメラ「EOSシリーズ」用の「EFレンズ」に加え、映像制作用の「EFシネマレンズ」を含め、合計97種類(※1)の豊富なレンズのラインアップを形成しています。また、これらのレンズ群に支えられ、レンズ交換式デジタルカメラは2003年から13年連続で台数シェア世界No.1を達成(※2)しています。

キヤノンはこれらのEFレンズ群を中心にさらにイメージング技術に磨きをかけ、ユーザーのさまざまなニーズに対応し、写真・映像文化の発展への貢献を目指します。

※ 1 エクステンダー2種類と、海外モデル2種類を含みます。2016年9月7日時点。
※2 2016年3月29日時点。(キヤノン調べ)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事