logo

遠藤憲一さんが“松茸狩り名人”を熱演 レポーター驚愕! 松茸も焦る、ある“セリフ”を連呼 「ホクトプレミアム 霜降りひらたけ」 新TVCMを明日からオンエア開始

ホクト株式会社 2016年09月08日 11時50分
From PR TIMES

ホクト株式会社(本社:長野県、代表取締役社長:水野雅義、以下ホクト)は、俳優の遠藤憲一さんを起用した「ホクトプレミアム 霜降りひらたけ」新TVCM「松茸狩り名人の証言」篇を2016年9月9日(金)より全国で放映開始いたします。なお、ホクト公式YouTubeチャンネルでは、TVCMとその続編となるWEBムービー「驚愕のホクトプレミアム効果」篇を併せて本日より先行公開いたします。



TVCM 「松茸狩り名人の証言」篇(15秒): リンク

[動画: リンク ]


■ 遠藤憲一さんが 「とても斬新で、気に入った」 と自賛する新タイプCMが完成
[画像1: リンク ]

TVCM 「松茸狩り名人の証言」篇(30秒): リンク

◆ TVCMのストーリーとみどころ
 今回のTVCMは、テレビ番組のワイドショーのワンコーナーを再現したような構成になっています。撮影は手持ちカメラのみで行われ、BGMも入らないシンプルさ。松茸狩り歴28年のベテランという“職人気質の素人のおじさん”を演じたのは俳優の遠藤憲一さんです。松茸採取の“技”を、独特の素っ頓狂な間とともにユーモアたっぷりに語るという難しい役どころですが、演技力に定評のある遠藤さんしかいないということで、今回のCM起用に至りました。

 ストーリーは、遠藤さん扮する松茸狩り名人がある日、効果的な松茸の採り方を会得し、ワイドショーの取材でレポーターにその独特な“技”を披露するという内容です。

 とある林の中。レポーター役の女優・平田薫さんが「遠藤さんは松茸の採り方が特殊だとうかがったんですが?」と問いかけると、遠藤さんは早速「やってみようか」と、木の根元に向かって「ホクトプレミアム!」と声をかけます。すると突然、松茸2本が顔を出すという驚くべき現象が…。「こうなっちゃうんだよね」と話し、遠藤さんは続いて背中に背負った籠から何かを取り出します。出てきたのは、「ホクトプレミアム 霜降りひらたけ」のパネルです。これを松茸に向け、再び「ホクトプレミアム!」と叫ぶと、今度は数え切れないほどの松茸が…。驚いて絶句するレポーターに、「恐らく、隠れてる場合じゃないって、松茸も焦ってるんだと思うんだよね」と得意げに話す遠藤さん。最後は再び「ホクトプレミアム!」と叫び、その採れ具合に思わず笑みがこぼれます。

 このTVCMで披露される“ホクトプレミアム効果”は、松茸も焦る「ホクトプレミアム 霜降りひらたけ」のおいしさを表現しています。“松茸狩り名人”になりきり、まるで本物の職人のような雰囲気と“素人感”を存分に醸し出して熱演してくださった遠藤さん。強面な雰囲気でも知られる遠藤さんですが、ギャップを感じさせるコミカルな演技にぜひご注目ください。
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]


◆ TVCMの撮影エピソード
・次々と飛び出すアイデア、名優ならではのアドリブ
 TVCMの演出方法に、出演者として積極的に意見をされていた遠藤さん。よりよいCMとなるよう、監督にアイデアを次々とぶつける前向きな姿勢が印象的でした。また、職人の雰囲気を的確に捉えたアドリブには、「こんな人、確かにいそう!」と一同納得。撮影現場には自然と笑いがこぼれました。

・泣きやまない蝉たちに「ホクトプレミアム!」
 松茸が採れる秋を想定したシーンではあるものの、撮影が行われたのは真夏。林の中で早朝から始まった撮影は、日が高くなるにつれて蝉の合唱が始まる事態に…。あまりの大合唱ぶりに撮影メンバー一同も苦笑い。そんな状況を打破すべく、蝉に向かって「ホクトプレミアム!」と叫ぶ遠藤さんの姿が。蝉にまで“ホクトプレミアム効果”を期待した遠藤さんの突然の行動に、周囲は大きな笑いに包まれました。

・長時間となった撮影で見せた気遣い
 20テイク以上と、蒸し暑いアカマツ林の中で撮影を重ねていくことで疲れを見せるレポーター役の平田さんに対して、「大丈夫?」と明るく声をかけ、優しい気遣いを見せる遠藤さんがとても印象的でした。

・ハイクオリティ! 手動松茸増殖装置の仕組みとは
 遠藤さんが「ホクトプレミアム!」と叫ぶと、飛び出す松茸。これはCGではなく手作りの装置で、自転車のブレーキの技術が応用されています。なんと、スタッフがワイヤーを引っ張ると松茸が飛び出すという仕組みです。撮影前には、松茸が飛び出すタイミングやスピードを入念にチェックしているスタッフの姿が。その甲斐あってか、本番では「ホクトプレミアム!」という遠藤さんのかけ声への反応も息ぴったりでした。
[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]

[画像9: リンク ]

◆ 「ホクトプレミアム 霜降りひらたけ」新TVCM概要
【タイトル】 「松茸狩り名人の証言」篇(15秒/30秒)
【放送開始日】 2016年9月9日(金)
【放送地域】 全国(15秒)/一部地域(30秒)
【出演者】 遠藤憲一、平田薫

■ CMの続編・WEBムービーでは妻に“ホクトプレミアム効果”をもたらした結果…


[画像10: リンク ]

WEBムービー 「驚愕のホクトプレミアム効果」篇: リンク

◆ WEBムービーのストーリーとみどころ
 TVCMの続編となるWEBムービーは、アカマツ林での取材の後、遠藤さんがレポーターを家に招きインタビューを受けるシーンとなっています。ここでは、“ホクトプレミアム効果”が松茸のみならず、あらゆるものに有効であることを、自身の経験談を交えながら紹介しています。

 ある晩に、晩酌のお供に「ホクトプレミアム 霜降りひらたけ」を食べる遠藤さん。「しかしこのホクトプレミアムの霜降りひらたけ、美味いなコレ。これじゃ松茸も焦るよな」と満足げにつぶやくと、消えかけていた蛍光灯の明るさが復活したのです。これが、初めて遠藤さんが“ホクトプレミアム効果”を体験した瞬間となりました。

 遠藤さんはこの現象が起こった原因についてレポーターに解説すると、今度は壊れて作動しなくなった扇風機を取り出し、レポーターに同じ言葉をかけるように促します。「ホクトプレミアム!」と声をかけるレポーター、しかし微動だにしない扇風機。声のボリュームを上げてみてもそれは変わりません。続けて遠藤さんが声をかけます。「ホクトプレミ…」、言いきる前に勢いよく扇風機は動き出しました。このことから、“ホクトプレミアム効果”は遠藤さんだけが使える名人ならではの“技”だということが分かります。

 「現物見せるともっとすごいことになるんだよね」と話す遠藤さんが、キッチンに向かって「おい、霜降りひらたけ持ってきて!」と声をかけると、女優・森田美恵さん演じる奥さんが登場します。夫の頼みを聞き、少し面倒くさそうにキッチンに戻る奥さん。その姿を見ながら「ホクトプレミアムの!」と念押しする遠藤さん。しばらくすると今度は、タレント・柳いろはさん演じる若返った奥さんが登場します。これを見た遠藤さんとレポーターは驚きを隠せません。“ホクトプレミアム効果”は人間にもその効果をもたらしたのでした。

 このWEBムービーでは、“マツタケも、あれも、これも焦る。”というキャッチコピーの通り、「ホクトプレミアム」が、松茸が焦るだけでなくあらゆるものに影響を与える存在であることを、CMに続いてドキュメンタリータッチで描いています。普段は厳しい顔つきの遠藤さんが、若返った奥さんを見て頬を緩ませるシーンにもぜひご注目ください。
[画像11: リンク ]

[画像12: リンク ]

[画像13: リンク ]

[画像14: リンク ]

[画像15: リンク ]

[画像16: リンク ]

[画像17: リンク ]

[画像18: リンク ]

[画像19: リンク ]

[画像20: リンク ]


■ 全話必見! TVCM ⇒ WEBムービー ⇒ 店頭映像の順で見ると物語が完結
 「ホクトプレミアム 霜降りひらたけ」のプロモーションでは、TVCMとWEBムービーにとどまらず、ホクトのきのこ販売取扱店の店頭限定でさらに続編ムービーが公開されます。WEBムービーで新たな“ホクトプレミアム効果”を発見した遠藤さん。店頭ムービーでは、さらなる効果を狙ってあることにチャレンジします。そのチャレンジとは、そして結果はいかに…。気になる完結篇は、ホクトのきのこ売り場に設置されたモニターで9月中旬から公開予定です。(詳しくはホクト公式HP リンク でお知らせします)

なお、当日の模様を収録したメイキング映像も公開しています。
メイキング映像: リンク

◆ 遠藤憲一さんコメント
Q1:CM、WEBムービーの撮影を終えての感想を教えてください。
 CMというとワンカットずつ凝って撮るケースが多いが、今回はドキュメンタリーチックでとても斬新なCMができました。このCMを突如見ると、「え、なになに?」と何度か見たくなるような内容になっています。監督やプロデューサー、ホクトさんとアイデアを出し合いながら作ることができたので、自分でも気に入ったCMになりました。
遠藤憲一さん Q1コメント映像: リンク

Q2:「松茸狩り名人」ということで、役作りでこだわったところはありますか?それはどこですか?
 (今回の名人は“ホクトプレミアム効果”に対して)かなり慣れている人で、「ホクトプレミアム」と叫ぶと松茸が出てくることを当然のように思っている役柄のため、なるべく夢中になりすぎず素っ気ない空気感を出せるよう工夫しました。そこが上手くいったかと思います。WEBムービーを見ると、「ホクトプレミアム」と発するとどうなるかを発見する場面があるので、CMとWEBムービーを併せて見ていただき楽しんでほしいと思います。
遠藤憲一さん Q2コメント映像: リンク

Q3:「霜降りひらたけ」を食べた感想をお聞かせください。
 まず(サイズが)大きいから歯ごたえを楽しめます。そして醤油とレモン、またはゆずが抜群に合うのでぜひ試してみてください。特に大きいサイズは、ステーキのようにナイフとフォークで食べてもイケると思います。いろんな楽しみ方で食べてほしいです。
遠藤憲一さんQ3コメント映像: リンク

■ 肉厚でジューシーな「ホクトプレミアム 霜降りひらたけ」
◆ ホクトプレミアムとは
 “美味しさ”へのこだわりと、徹底した品質管理から生まれたのが「ホクトプレミアム」。これまでのきのことは一線を画す味わいと、料理の主役になれる存在感を持つ、新しいプレミアムなきのことしてご好評を頂いております。


[画像21: リンク ]

◆ ホクトプレミアム 霜降りひらたけ
 「ホクトプレミアム 霜降りひらたけ」は、古くから多くの日本人に親しまれ、古典の「今昔物語」にも登場する日本産のヒラタケと、欧州産のヒラタケ属を交配して生まれたきのこです。傘は肉厚で、その表面にはきれいな“霜降り状”の模様があるのが特徴です。従来のヒラタケに比べ、日持ちもよく、肉厚で煮崩れしにくく、歯切れの良い食感とジューシー感が楽しめます。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事