logo

テクノロジー・イノベーションセンターがLEEDプラチナ認証を取得

ダイキン工業株式会社 2016年09月08日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年9月8日

ダイキン工業株式会社

LEED-NC(新築部門)において大規模なオフィスビルでは国内初
テクノロジー・イノベーションセンターがLEEDプラチナ認証を取得

ダイキン工業株式会社はこのたび、テクノロジー・イノベーションセンター(以下、TIC)において、大規模なオフィスビルとしては国内で初めて、LEED-NC(新築部門)※の最高ランクである「プラチナ認証」を取得しました。

LEEDは、米国グリーンビルディング協会が開発・運用する、環境に配慮した建物やエリア開発の評価システムで、世界で最も普及している認証制度の1つです。環境に配慮した建築物は、運営コストや不動産の資産価値の観点からも優位性があると考えられ、LEED 認証を取得する動きは、米国はもとより中東やアジアなど世界で加速しています

TICはZEB(ゼロ・エネルギー・ビルディング)の実現に向け、当社の技術の粋を結集した建物です。今後も常に新しい省エネ技術を実証・検証しつづける、ソリューションモデルであることを目指しています。今回は、当社の空調技術を中心とした省エネルギー性能、室内環境の快適性、エネルギー計測・検証の計画性や、センター全体を挙げての取り組みが高く評価されました。

TICは、日本の建築環境総合性能評価システムCASBEEでも最高ランクのSランクを取得しています。今後もTICでは、当社グループの技術開発のコア拠点として、ZEBに向けた最新技術の実証実験を進めるとともに、環境やエネルギーなど社会が抱える様々な課題の解決に貢献する新たな価値の創造に取り組んでいきます。

【LEEDプラチナ認証取得の主な評価ポイント】
■省エネルギーと室内環境
○高効率な個別分散空調システムの採用
(高顕熱処理型ビル用マルチエアコンVRV X + 水配管レス調湿外気処理機DESICA)
○自然エネルギーの積極利用(自然換気、自然採光)
○再生可能エネルギーの利用(太陽光発電、地中熱利用)
○詳細なエネルギー計測・検証計画、第三者コミッショニング
■計画の革新性
○ラボ・カーボン・マネジメントの実践とサイネージによる見える化
■節水
○大規模な雨水の利用
○トイレなど節水器具の採用
■地域別環境対策
○敷地内に自生植物の森を創出
<参考URL>
  リンク

※LEED(Leadership in Energy & Environmental Design)について
LEEDは米国グリーンビルディング協議会が主宰する、国際的な建物の環境性能評価指標。審査部門には新築(New Construction)部門の他に、テナントビル(Core & Shell)、既存建物運用(Existing Building Operation & Maintenance)、学校(School)、小売店(Retail)などがある。
LEED-NC(新築部門)では、敷地、節水、省エネルギー、材料、室内環境、計画の革新性、地域性に応じた環境対策、など8つの項目で評価され、得点に応じて標準、シルバー、ゴールド、プラチナの4つのランクに分けられる。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。