logo

ヤング・リヴィングが経営陣を拡大

Young Living Essential Oils 2016年09月08日 10時39分
From 共同通信PRワイヤー

ヤング・リヴィングが経営陣を拡大

AsiaNet 65566(1073)

【レヒ(米ユタ州)2016年9月8日PR Newswire=共同通信JBN】
*業界のプロで経験豊かなローレン・ウォーカー(Lauren Walker)氏がヤング・リヴィングのグローバル業務を統括するため経営チームに加わる

世界最大のエッセンシャルオイル企業ヤング・リヴィング・エッセンシャルオイル(Young Living Essential Oils、リンク )は、グローバル業務担当上級副社長としてローレン・ウォーカー(Lauren Walker)氏を経営チームに迎えたと発表した。ウォーカー氏はヤング・リヴィングのグローバル・サプライチェーン業務を監督する。その業務には予測、計画、調達、製造、在庫、フルフィルメント(受注から決済まで)、輸送が含まれる。

Photo - リンク
Logo - リンク

ヤング・リヴィングのジャレッド・ターナー最高執行責任者(COO)は「ウォーカー氏のような力量のベテランのプロが当社の経営チームに来るのは名誉なことだ。プロジェクト管理と製造、サプライチェーンでの幅広い経験によって、彼女はヤング・リヴィングの計り知れない財産になる」と語った。

ウォーカー氏は名だたる国際企業での25年にわたるキャリアを通して、グローバルシステムの効率化におけるリーダー、そしてイノベーターとしての地位を築いた。エンジニア学位課程を終えてゼロックスのエンジニアとして働き、その後10年間プロクター・アンド・ギャンブルのサプライチェーン、製造・技術業務、品質管理に携わった。ジョンソン・エンド・ジョンソンには7年間勤め、オーラルケア・フランチャイズ部門のプラントマネジャーとプログラムマネジャーを歴任。最近ではアムウェイの製造担当副社長として、栄養、ホームケア、パーソナルケア、ビューティケア、耐久消費財、紙などの製品全般にわたる製造ラインを統括した。

ターナー氏は「ウォーカー氏の幅広い業務経験は、ヤング・リヴィングのグローバル事業に素晴らしい展望を開かせる。強力なチームを立ち上げ、各人を成功へと励ます彼女の熱意も合わせて、彼女をわが経営指導部の一員として心から迎える」と表明した。

ウォーカー氏は幅広い経験のほか、American Manufacturing Strategies Summit(米国製造戦略サミット)とFront End Innovations Conference(フロント・エンド・イノベーションズ会議)の基調講演者を務めてきた。製造分野のLean Six Sigma Project Champion(リーン・シックス・シグマ・チャンピオン)であり、Green Belt(グリーン・ベルト)認定を受けている。ニューヨーク・ユニオン・カレッジのエンジニアリング学士号を持っている。

▽ヤング・リヴィング・エッセンシャルオイルについて
ヤング・リヴィング・エッセンシャルオイルはエッセンシャルオイルの世界的なリーダー。Seed to Seal(R)(種まきから製品まで)という厳格なプロセスによってあらゆる個人、家族、ライフスタイルのために、純正なエッセンシャルオイル製品を生産している。このプロセスによっていずれの製品においても、合成化学物質をいっさい含まない、信頼性の高い100%の純度を実現している。このようなコミットメントは20年余りにわたり大自然と人類に関する探求を進めてきた成果である。詳しい情報はリンク を参照。

▽報道関係問い合わせ先
Jamie Kaneko
Sr. Public Relations Manager
+1.801.221.7128
jkaneko@youngliving.com

ソース:Young Living Essential Oils

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事