logo

「MOVIMAS×オムロン、再生可能エネルギー分野のIoT推進で協業を開始」

株式会社MOVIMAS 2016年09月07日 18時50分
From PR TIMES

株式会社MOVIMAS(本社:東京都新宿区 代表取締役:兒玉則浩 以下MOVIMAS)は、再生可能エネルギー分野におけるIoTの取り組みとして、オムロン株式会社(本社:京都市 以下オムロン)と再生可能エネルギーの遠隔監視システムと蓄電制御システムを利用した“MOVIMAS ENG”の提供における協業を開始しました。



MOVIMASは、住宅用太陽光パワーコンディショナ(以下PCS)国内トップシェアであるオムロンの一次代理店としてオムロン製のPCSとハイブリッド蓄電システムの提供を受けます。また、再生可能エネルギーの遠隔監視システムと蓄電制御システムをオムロンと共同開発し、MOVIMAS IoTプラットフォームサービスの1ラインナップとして“MOVIMAS ENG”サービスを提供します。

MOVIMASは、IoT市場の活性化を促進するためにオムロンのPCS・ハイブリッド蓄電システムと“MOVIMAS ENG”を活用し、MOVIMAS自身がアグリゲータとして再生可能エネルギーの売電事業を開始します。そして、太陽光発電と営農が共存するソーラーシェアリング事業にも展開していきます。

今後は、両社で遠隔指示による蓄電池の充放電制御の実証などを推進していく予定です。


■MOVIMAS ENG特徴

・従来の太陽光発電、小水力や地熱発電と蓄電システムを組み合わせたハイブリッドエネルギーマネージメントシステム

・電力シフトによる地域保有電力の最大活用が可能

・IoTを利用した発電量の監視

・充放電指示(出力固定の設定)

・電力シフトによる地域保有エネルギーの活用
[画像1: リンク ]



■オムロン三相PCS(KPTシリーズ)特徴

・オムロン製エナジーインテリジェントゲートウェイ(形KP-MU1F)とセットで使用する

ことで、省令による出力制御にも対応。

・異容量V結線に対応し、外部商用トランスが不要で初期コストの削減が可能。トランス内蔵にも関わらず、変換効率は三相パワコントップレベルの94%で、売電アップを実現。

・自立運転機能で停電時、非常用電源6kW出力

・回路数は1~7回路まで入力可能。PVパネルの回路数に柔軟に対応

・接続箱なし入力も、接続箱あり入力も、これ1台で対応可能

・停電時の手動復帰機能に対応


■オムロン太陽光発電用ハイブリッド蓄電システム特徴

・小型、軽量なので、基礎工事・クレーン搬入等が不要で、設置スペースにも困らない。

・重塩害タイプをラインナップ、沿岸部、離島にも設置が可能。

・ハイブリッドシステムなので、太陽光発電との連携で抑制時も発電電力を有効活用。

・蓄電池ユニットは自然空冷方式の採用で人の吐息並みの静かさで屋内においても気にならない。


[画像2: リンク ]



■提供開始時期

・2016年冬予定

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。