logo

EVOLUTION JAPAN証券、代表取締役会長兼CEOに坪山昌司が就任

EVOLUTION JAPAN証券株式会社 2016年09月07日 17時05分
From 共同通信PRワイヤー

2016年9月7日

EVOLUTION JAPAN証券株式会社

EVOLUTION JAPAN証券、代表取締役会長兼CEOに坪山昌司が就任

Evolution Japan証券株式会社(EJS)は、2016年9月1日付で坪山昌司が代表取締役会長及び最高経営責任者(CEO)に就任しましたので、お知らせいたします。また、代表取締役社長のダニエル・シャイアマンは、新たに最高執行責任者(COO)を兼務いたします。

坪山昌司は、EJSの既存事業の拡大に加えて、今後の新規事業展開の責任者となります。坪山は、商品開発、顧客カバレッジ、マーケティングを指揮する他、シャイアマンと共にEJSの日本における事業戦略を遂行してまいります。
坪山は、過去25年にわたり、大手投資銀行において対発行体及び対投資家の双方のビジネスに従事した稀有な経験を有します。前職のUBS証券ではキャピタル・マーケッツ・ソリューションズ・グループのヘッドとして、公募・私募資本市場での資金調達ビジネスを率いていた他、ソロモン・ブラザーズでは機関投資家カバレッジを担当していました。坪山は東京大学工学部を卒業し、ハーバード・ビジネス・スクールにてMBAを取得しています。
また、EJSは同日付で大木真をシニア・マネージング・ディレクターとして任命いたしました。大木は、EJS経営陣の主要メンバーの一員として、広範囲に渡るアセットクラス・金融商品を活用したテイラーメイドの金融ソリューションを本邦法人顧客に提供してまいります。坪山と並び、大木も15年に及ぶUBSでの実績やその前職であるKPMGでの経験を有しております。大木は、慶應義塾大学理工学部を卒業後、同大学院にて工学修士号を取得、公認会計士 (CPA)の資格も有しております 。

「この2名がEJS経営陣に加わることは、当社の既存のビジネスを成長させ、また新たな機会を創出していく上での我々のコミットメントをさらに強くするものです。坪山氏と大木氏は、大手投資銀行での長年にわたる数々の革新的なソリューション案件の取引実績を活かし、弊社で重要な役割を果たしてくれるでしょう。今後EJSは、彼らのリーダーシップにより新たな事業展開に注力し、中長期に強い成長軌道に乗せることを企図しています。」とEvolution Financial Group創業者のマイケル・ラーチ氏は述べています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。