logo

1年次学生がチームを組み、問題発見から解決策創出、成果発表までを英語で実施 -- 金沢工業大学

金沢工業大学 2016年09月06日 08時05分
From Digital PR Platform


金沢工業大学では、問題発見から解決にいたる過程・方法をチームで実践しながら学ぶ同大オリジナルの問題発見・解決型教育科目「プロジェクトデザインI」の英語コースを、1年次の選抜者24名を対象に、9月7日(水)から16日(金)まで実施する。同コースでは授業はすべて英語で行われ、教材も英語で記述されている。受講生は、ディスカッションや成果物の作成および発表も英語で行う。


 受講者は6名単位で4つの学部混成チームを組み、「KITのブランド力UP」というメインテーマに取り組むことで、チームで問題を発見し、問題の現状把握、市場動向や顧客の要望等の情報を収集し、知識と組み合わせることで解決提案を創出し、具体化する手法を学ぶ。さらに英語で行うことで「プロジェクト活動等で外国へ行くことや将来海外で働くことを視野に入れた実践的英語能力」を養成する。
 
 同コース修了者は、1年次後学期の「プロジェクトデザインI」の単位(2単位)として認定される。また、2年次前学期開講の「プロジェクトデザインII」は日本語コース、開講予定の英語コースのどちらでも受講できる。

 金沢工業大学において英語科目以外で授業を全て英語で行う試みは、今回が初めて。

 金沢工業大学は2016年度からイノベーション創出を可能にする「世代・分野・文化を超えた共創教育」を大学の新たな目標として掲げている。世界の舞台で活躍できる能力を育むため、4年後の2020年には全授業科目の約50%で技術者として必要な理工学英語を要所要所に取り入れた授業運営を進める計画。

◆開講日時・場所
・2016年9月7日(水)~16日(金) 土日除く
・2時限(8時40分から10時10分/10時30分から12時)×8日間 計16時限実施
・場所: 7号館306室

▼本件に関する問い合わせ先
 金沢工業大学 広報課
 石川県野々市市扇が丘7−1
 TEL: 076-246-4784
 E-Mail: koho@kanazawa-it.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。