logo

ARでAEDの救命処置・設置場所を周知させるAED使い方動画付き キーホルダー提供開始!

2016年9月5日(月)より

スターティア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 兼 最高経営責任者:本郷秀之)は、中堅中小企業向けにAEDの販売をするにあたり、企業におけるAED設置後の課題として挙げられる、「AEDの取り扱い方・設置場所を全社員に周知させることが難しいこと」に対して、AR(拡張現実)を活用したAED使い方動画付のオリジナルキーホルダー制作し、2016年9月5日(月)以降のAED販売分より、提供開始いたします。



本キーホルダーは、当社からAEDを導入した企業へ納品時に無料でお渡しさせていただくもので、AEDの外ケースに付けることができます。キーホルダーをスマホARアプリ「COCOAR2」でかざすと、AEDにおける救命処置の一連の流れが動画で閲覧できる仕組みになっております。ARで動画を閲覧することができるという点に興味喚起させ、またAEDの外ケースへ本キーホルダーを付けることで、社員がAEDを実際に手に取り触れるきっかけを与え、AEDの取り扱い・設置場所の社内認知を高める役目を果たします。
[画像1: リンク ]


■企業におけるAED設置後の課題と改善 ~AEDの取り扱い方・設置場所を全社員に周知させること~
 当社では企業におけるAED管理担当者になりうる人事総務担当または、経営層553人に対してアンケート調査を実施し、「AED導入(設置)後、最も気がかりになることは何か」と質問したところ、「緊急時に適切にAEDを取り扱うことができるかわからない」(39.2%)が最も多く、続いて「AEDの取り扱い方を全社員に周知させることが難しい」(25.3%)、「保守管理の仕方がわからない」(17.7%)が後に続く結果となりました。(※1)この結果からも、緊急時のAEDの取り扱いにおける不安が高いことが伺え、いざ使用するとなった場合にきちんと社員が扱えるのか、AEDが正しく稼働するのか不安、といった設置後の課題もこれから問題視する必要があることが伺えました。当社は、本キーホルダー提供に留まらず、導入企業向けに救命技術認定証を取得した当社社員による救命講習を定期的に実施する他、無料体験型救命講習会を既存顧客に向けて開催するなど、AEDの提供と共に設置後の企業課題にも積極的に支援して参ります。

(※1)AEDに関する意識調査 当社調べ 2016.8.25発表
リンク


■当社が提供するAEDとは
[画像2: リンク ]



・メーカー:オムロン ヘルスケア社
・商品:自動体外式除細動器 レスキューハート HDF-3500
・提供価格:5年リース 月額4,500円
      購入 23万6,800円(税抜表記)


・特長:
本体は高水準の防塵防水等級を有しており、質量は約1.1kg、大きさは縦が約65%の縦200mm、幅は約68%の184mmとコンパクトサイズ。使用環境や設置場所を選ばないほか、簡単に持ち運ぶことができます。電源を入れると、スピーカーから操作方法を説明する音声ガイドが流れます。さらに、音声に合わせて本体上部のパネルにLEDランプが点滅し、除細動パッドを貼るタイミングや位置をはじめ、操作方法を光でお知らせします。音声と光でガイドするため、騒がしい場所や暗い場所でも、安心して正しく操作できます。操作ボタンは、「電源ボタン」と「ショックボタン」の2種類のみ。初めての方でも迷わずに使用できます。また、本体をキャリングケースに入れた状態で「パッド」のつまみを引くと除細動パッドパックが出てくるので、AED到着時から除細動パッドを貼るまでの時間を大幅に短縮でき、迅速な救助をサポートします。


■スマホARアプリ「COCOAR2」とは
[画像3: リンク ]

 当社100%子会社である、スターティアラボ株式会社が開発したスマートフォン向け AR(拡張現実)アプリであり、アプリ経由でカードやポスターなどを読み込むと、設定されている動画・音楽・URL・3Dといった様々なオリジナルコンテンツが表示可能です。2014 年 5 月から新バージョンとして提供開始してから、昨今、大手飲料・お菓子メーカーにも販売促進ツールとして採用され 、現在53万以上のダウンロード数を誇ります。
(2016年7月末 時点)

■会社概要
・会社名:スターティア株式会社
・URL:リンク
・所在地:〒163-0919 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス19F
・代表者:本郷秀之
・上場取引所:東京証券取引所 市場第一部
・事業内容:
 電子ブック作成ソフトを中心としたWEBアプリケーションと、クラウドソリューションを始めとした
 ITインフラの提供により、情報の集約と利益化をサポートするITソリューションベンダーです。
・Facebook:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事