logo

エアウィーヴから、快適な眠りをサポートする“初の睡眠アプリ”が登場!

株式会社エアウィーヴ 2016年09月05日 15時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年9月5日

株式会社エアウィーヴ

エアウィーヴから、快適な眠りをサポートする“初の睡眠アプリ”が登場!
睡眠状態を管理して、より健やかな毎日を。

株式会社エアウィーヴ(東京都中央区八重洲、代表取締役社長:松田孝裕)はこの度、睡眠の状態を計測し、管理・記録する睡眠アプリを新たに開発いたしました。睡眠に関する正しい知識の普及・啓発を行う睡眠健康推進機構が制定した、日本独自の“秋の睡眠の日”の9月3日「ぐっ(9)すり(3)」に合わせて、9月3日(土)より、App Storeから無料でダウンロードを開始しています。

 眠りの質にこだわるエアウィーヴは、睡眠を様々な要素から計測・管理・記録することで、その質を高め、日々の健康に役立てていただくために、この睡眠アプリを開発しました。
使い方はとても簡単です。アプリを起動したアイフォンを枕元に置いて眠ると、睡眠中の身体の動きを感知して、睡眠状態を計測します。その項目は、睡眠の深さ、睡眠時間、覚醒時間、睡眠効率など多岐に渡ります。睡眠の深さは波状のグラフで見ることができます。また睡眠時間、覚醒回数、睡眠効率、寝つき、眠りの深さの5項目はレーダーチャートで確認できます。さらに、アルコール、カフェイン、喫煙、食事、運動、入浴といった睡眠への影響を与える6項目を就寝前に入力し、その頻度を記録します。曜日や運動した日など、日々の生活の変化によって睡眠に変化がないかチェックすることで、睡眠の改善に役立てることが出来ます。
この結果やレーダーチャートは、前週・前月平均で比較確認することも可能。さらに目覚ましアラームには、あらかじめセットした起床時刻の付近で眠りが浅いときに起こしてくれる機能も搭載。これで毎朝すっきり目覚め、気持ち良く一日をスタートすることが出来ます。
11月に出す次のバージョンでは、睡眠専門医の監修のもと、睡眠の改善方法や、個々の特徴に応じた寝具やアイテムを提案するなどのサービスを目指していきます。

エアウィーヴが長年続けてきた、IMGアカデミーの学生やトップアスリート、エアウィーヴ使用者を対象にした睡眠研究で蓄積したデータと、個別身体情報を測定して分析・製品化する技術を、今回の睡眠アプリ開発に活用しています。今後もより多くの睡眠データをビッグデータとして蓄積、分析して、上質な眠りを提供する睡眠環境や製品の開発を行っていきます。そして、睡眠研究の進化を続け、一人でも多くの方のより健やかな毎日をサポートいたします。

○アプリのダウンロードはこちらから。
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。