logo

「KAWAKAMI SMART PROJECT」、内閣官房主催「第4回シェアリングエコノミー検討会議」にて発表

~C2C相互幇助プラットフォームの先進的取り組みとなるシェアリングエコノミーシステムについて発表~

川上村(長野県南佐久郡、村長:藤原忠彦)と株式会社パートナーエージェント(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、証券コード:東証マザーズ6181、以下パートナーエージェント)は、「女性活躍推進及び結婚環境向上推進」における官民連携施策である「KAWAKAMI SMART PROJECT」として、2016年8月31日に内閣官房の高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT戦略本部)が主催した「第4回シェアリングエコノミー検討会議」に於いて、本年10月よりスタートする先進的な取り組みとなるシェアリングエコノミーシステムの実証実験に関するプレゼンテーションを実施しました。



[画像: リンク ]


リンク
検討会議の有識者からは、多数のご意見をいただくなど「KAWAKAMI SMART PROJECT」への
期待の高さが伺えました。
今後も、「KAWAKAMI SMART PROJECT」は、「川上村で結婚し生涯暮らしていく環境」を向上させていくため、様々な取り組みを実施してまいります。
なお、検討会議では、「KAWAKAMI SMART PROJECT」の他、千葉県千葉市や民間企業などがプレゼンテーションを実施しました。

●シェアリングエコノミー検討会議とは
シェアリングエコノミーの健全な発展に向け、民間団体等による自主的なルール整備をはじめとした必要な措置の検討に資するため、内閣官房IT総合戦略室長の下に、開催されるものです。

参照:リンク

< 「KAWAKAMI SMART PROJECT」の概要 >
より暮らしやすい村となるため、さまざまな企業や人と協力してあたらしいコトやモノを積極的に取り入れ、文化・制度・インフラのスマート化を促進していくプロジェクト。以下の5つのプロジェクトを推進していく。

1. クラウドソーシングやデジタル教育等を含んだ事業育成スキームの本格稼働による「働く機会の創造」
2. 世代を超えて、老いも若きも助け合えるシェアリングエコノミーシステムの提供による「働く時間の創造」
3. スマートアグリや自動運転の充実によって生み出される「既存産業の革新」
4. 外部企業や自治体と協力し、スマートテクノロジーなど新しい領域の事業に取り組んでいく
「新規産業の誘致」
5. Wi-Fiなどネットインフラの整備や、シェアハウス、シェアオフィス等の充実による「移住環境の整備」等
を行う。

[ 今後のスケジュール ]
・ 2016年10月「シェアリングエコノミーシステム実証実験」開始
・ 2016年12月「第2回KAWAKAMI地域イノベーションアイデアコンテスト」開催
※本プロジェクトは内閣府が主導する地方創生加速化交付金の活用事業(全1926事業)の1つであり、
「地方創生加速化交付金の交付対象事業における特徴的な取組事例」55例にも選定されています。
内閣府発表:リンク

< パートナーエージェント 会社概要 >
商   号:株式会社パートナーエージェント
証券コード:東証マザーズ6181
代表者 :代表取締役社長 佐藤 茂
創業 :2006年9月
所在地 :東京都品川区大崎1丁目20-3 イマス大崎ビル4階
事業内容:結婚相手の紹介・相談、交際・結婚に関する調査研究、イベント・旅行の企画・運営、
生命保険・損害保険代理店、挙式・披露宴の企画・斡旋、カウンセリング・各種セミナー
運営、会員誌・その他出版、Webサイト・Webコミュニティの企画・運営
U R L:リンク

< お問い合わせ先 >
KAWAKAMI SMART PROJECT事務局(川上村役場内) 担当:牛山、由井
TEL:0267-97-2121 / FAX:0267-97-2125
株式会社パートナーエージェント 事業企画推進部 事業創造グループ  担当:田中
TEL:03-5759-2707 (部署直通) / FAX:03-5759-2701
Mobile:090-1998-9411 (担当者直通)

< 報道関係の方からのお問い合わせ先 >
KAWAKAMI SMART PROJECT広報事務局(ひとしずく株式会社内) 担当:小久保・大森
TEL:045-274-8674 / FAX:045-330-6853




プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。