logo

VMware 海外動向 > 第8回 米国連邦政府の情報技術近代化 - 節約のための支出

CTC教育サービスはコラム「VMware 海外動向 > 第8回 米国連邦政府の情報技術近代化 - 節約のための支出 」を公開しました。

###
こんにちはー。今回も海外のVMware関連のコラムを意訳してご紹介します。VMwareの海外動向を理解する上での参考になれば幸いです。

###

2016年5月、米国政府監査院によるレポートが公開され、米国連邦政府が運用と整備の投資に年間のIT予算の75%を費やしたことを確認しました。経年した前時代のインフラに今でも依存していることが大きな要因です。この種の費用は政府の情報技術改新および近代化のための予算を立てる際にマイナスの影響を与えつつも、年々増え続けています。その高いコストに加え、最も前時代的なシステムは情報検索能力を失っており、今日のモバイル・クラウド・コンピューティング時代においてはサイバーセキュリティのリスクをはらんでいます。

前時代的システムの問題点
87ページに及ぶこのレポートではいくつかの驚くべき見解が明らかになっており、例えば国防総省がStrategic Automated Command and Control Systemという指揮統制システム(米国の核戦力の責任を負っているもの)を1970年代のコンピュータシステム上で実行していると書かれています。しかも信じられないことに、データの管理は8インチのフロッピーディスクで行っているということです。
さらに重要なことは、これらの前時代的システムは当初意図されていた機能が経年して使い物にならなくなっただけではなく、根本的なインフラが危機に瀕していると考えられている事実です。システムの動力となっているハードウェア、ソフトウェア、言語のほとんどが遥か昔に人々の関心からも市場からも消えており、これらの時代遅れのシステムの知識を持ち合わせる技術スタッフを雇用することがますます難しく(そしてお金がかかる)ようになってしまいました。別の報告には、新しい世代の作業者は前時代のシステムを運用することができないため、それらを管理するためにすでに退職した従業員を連邦機関が再雇用していると記されています。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。