logo

富山湾の新ブランド、「高志(こし)の紅(あか)ガニ」解禁!

富山県 2016年09月01日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

H28.9.1

富山県

富山湾の新ブランド、「高志(こし)の紅(あか)ガニ」解禁!

 富山県では、春、夏、冬の魚を代表する県のさかな(ホタルイカ、シロエビ、ブリ)に加えて、秋を代表する魚として、新たに紅ズワイガニをブランド化して全国に発信します。

 水深1,000mの深海に生息する紅ズワイガニ。海岸線から急に深くなる富山湾で捕れる紅ズワイガニは、漁場が近く、水揚げまでの時間が短いため、他県産の紅ズワイガニに比べても鮮度が良く、「甘み」や「旨み」成分はズワイガニと比べても遜色がありません。

 県産紅ズワイガニ全体を「高志(こし)の紅(あか)ガニ」とネーミングし、極上品には専用タグをつけてトップブランドとして出荷します。また、県のさかなと同様に「富山湾」を冠したキャッチフレーズ「富山湾の朝陽(あさひ)」をつけて魅力をより端的に発信します。
(ホタルイカ:「富山湾の神秘」、シロエビ:「富山湾の宝石」、ブリ:「富山湾の王者」)

 県産紅ズワイガニの解禁は9月1日、ズワイガニよりも早く旬を味わえます。富山の秋は、まつりやイベントなど魅力がいっぱい。新湊漁協では紅ズワイガニの昼セリも見学できます。是非この機会に富山県へお越しいただき、「高志(こし)の紅(あか)ガニ」をご賞味ください。

<富山県産紅ズワイガニのブランド化について>
 ■平成28年度漁解禁日
   9月1日(木)

 ■特徴
  ○漁場が近く水揚げまでの時間短いため鮮度が良い
  ○ズワイガニよりも早く漁期が始まり、旬を先取できる
  ○品質に比べ価格がリーズナブル

 ■ブランド化に向けての取組み
  ○キャッチフレーズの策定とネーミング
   ・キャッチフレーズ「富山湾の朝陽(あさひ)」
     朝獲れの紅ズワイガニを満載した漁船が港に近づいてくる。紅い体は、富山湾から昇る
    太陽、スッと伸びた脚は、陽光にも重なる。価値も認知度も「どんどん上昇していってほ
    しい」という思いを込めたキャッチフレーズ
   ・ネーミング「高志(こし)の紅(あか)ガニ」
     県内漁業者の間で使われている紅ズワイガニの呼称「アカガニ」に、富山県の地名ゆかり
    の「高志(こし)」と良い物の提供をめざす漁業者の「高い志」を重ねたネーミング

  ○ブランド規格を満たす紅ズワイガニへのタグ付け
   ・名称「極上 高志の紅(アカ)ガニ」
   ・タグデザイン 添付ファイルのとおり
   ・ブランド規格
    産 地 県内の漁港で水揚げされたものであること
    大きさ 甲羅幅 140mm以上
    重 さ [生ガニ]おおむね1,000g以上
        [ゆでたカニ]おおむね800g以上
    その他 すべての脚がついていること
        堅ガニ(身入りがよいもの)であること

 ■今後のPR計画
  ○富山県内でのPR
   ・ポスター・パンフレット等の掲示(直販施設、飲食店・宿泊施設)
   ・イベント(10月16日(日)新湊カニかに海鮮白えびまつり、10月29日(土)、30日(日)
    食の王国フェスタ等)でのPR
   ・首都圏の飲食店等を招聘する産地見学会(1月もしくは2月)

  ○県外でのPR
   ・「富山のさかな」PRイベント(11月 軽井沢)
   ・「うまさ一番 富山のさかな」商談会(12月 日本橋とやま館)

  ○その他
   ・ホームページを活用した情報発信
    (うまさ一番 富山のさかなキャンペーンサイト
     リンク
   ・キャンペーン協力店でのポスター等の掲出

< 富山の今を伝える情報サイト Toyama Just now >
 リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。