logo

「日本の祭りinながはま2016」開催

滋賀県 2016年08月30日 17時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年8月30日

滋賀県長浜市市民協働部

~ユネスコ無形文化遺産に登録予定の「長浜曳山祭」など、全国33団体の“祭り”が、滋賀県に集結!~
地域伝統芸能全国大会「日本の祭りinながはま2016」開催
<開催日:10月29日・30日の2日間/会場:長浜文化芸術会館ほか>

滋賀県は、ユネスコ無形文化遺産登録候補の「長浜曳山祭」(ながはまひきやままつり)をはじめ、国内外の多彩な祭りや踊りが33団体参加して、日ごろ培った技巧を披露する地域伝統芸能全国大会「日本の祭りinながはま2016」を、10月29日(土)、30日(日)の2日間、滋賀県長浜市中心部の市街地などを会場に開催します。
主な公演芸能は、「阿波おどり」(徳島)、「山形花笠まつり」(山形)、「小倉祇園太鼓」(福岡)、「河内音頭」(大阪)、「安来節」(島根)、「奄美の島唄」(鹿児島)など、全国的にも有名な祭りや踊りに加え、今回は海外から、龍神舞(台湾)、タイ民族舞踊(タイ)の2団体が参加します。
地元長浜市の「長浜曳山祭」は、日本三大山車祭りの一つです。職人の技を結集して仕上げられた「動く美術館」と称される豪華曳山(山車の別称)の上で繰り広げられる可憐繊細な子ども歌舞伎をご覧いただけます。
このほか滋賀県からは、秘伝の技術で陶器をつなぎ合わせ10mにも及ぶ山飾りをもつ滋賀の奇祭、「丹生(にゅう)茶わん祭」(滋賀)や、織田信長が安土城下で観覧したと伝わる「日牟礼(ひむれ)の左義長(さぎちょう)行事」(滋賀)も出演します。
会場は、長浜文化芸術会館(さざなみ会場)と市街地に特設された二つのステージ(まちなか会場)をメイン会場に、浅井文化ホール(浅井会場)、木ノ本駅周辺(北国街道きのもと宿会場)をサテライト会場として日本全国のお祭りが繰り広げられます。
なお、「さざなみ会場」と「浅井会場」の入場には、事前(9/9(金)まで)のお申込みが必要です。インターネット、往復はがきのいずれかで申し込みを受け付けしております。

<地域伝統芸能全国大会「日本の祭りinながはま2016」の開催概要>
【名 称】日本の祭りinながはま2016
公式HP: リンク
【開催日】平成28年10月29日(土)、30日(日)
【会 場】
メイン会場:「さざなみ会場」/長浜文化芸術会館、「まちなか会場」/長浜市中心市街地
サテライト会場:「北国街道きのもと宿会場」/木ノ本駅周辺、「浅井会場」/浅井文化ホール
【参加団体】計33団体(県外の都府県13団体、海外2団体、滋賀県内18団体)
山形花笠まつり/山形、鹿沼の名匠と屋台囃子/栃木、板橋の田遊び/東京(2団体)、渋川流剣詩舞道/石川、
梛八幡神社神事獅子舞/兵庫、河内音頭/大阪、安来節/島根、鷺流狂言/山口、阿波おどり/徳島、小倉祇園太鼓/福岡、
どすこい/鹿児島、奄美の島唄/鹿児島、龍神舞/台湾、タイ民族舞踊/タイ
*以下は滋賀県
長浜曳山祭(6団体)、丹生茶わん祭、永久寺の蛇の舞、冨田人形、八日市の太鼓踊り、下余呉の太鼓踊り、金居原の太鼓踊り、
速水伊豆神社八朔大祭幡母衣武者行列、当目の太鼓踊り、伊吹山奉納太鼓踊、福田寺公家奴振り、日牟礼の左義長行事、下笠のサンヤレ踊り
【入場整理券の応募方法】
・応募方法:インターネットまたは往復はがきのいずれかで申し込み可能。
・応募期限:平成28年9月9日(金)※はがきは当日消印有効。
・募集席数:合計1,000席(2会場)
「さざなみ会場」・・10月29日(土)150席、30日(日)400席
「浅井会場」・・・・・・10月30日(日)450席
※2名まで同時に申し込みが可能です。
※応募多数の場合は抽選。当選者には9月中旬に入場整理券を送付いたします。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。