logo

「ロンキャリ女子」を応援~女子高校生を応援する特設サイトを公開 -- オープンキャンパスでは在学生が、女子カフェを「出店」 -- 東京経済大学

東京経済大学 2016年08月30日 08時05分 [ 東京経済大学のプレスリリース一覧 ]
From Digital PR Platform


東京経済大学(東京都国分寺市)は仕事も家庭も充実させ、ワークライフバランスを保ちながら、長いキャリアを積みたいと考える女子高校生「ロンキャリ女子※」を応援している。


 現在、「ロンキャリ女子」を応援するため、東京経済大学の学びや支援、女子在学生を紹介する特設サイトを開設している。サイトでは、自分の「ロンキャリ度」や適職を判断するタイプ別診断、社会で活躍する卒業生のインタビュー等を掲載。さらに、2016年度からは「ロンキャリ女子のキャンパスライフ」と題して、高校生に人気のSNS「インスタグラム」と連動し、女子学生の日常や大学の様子が日々更新されている。

 また、夏季のオープンキャンパスでは、2015、2016年度と連続して、女子在学生と女子高校生がお茶をしながら本音でトークをし、疑問を解決する企画「女子カフェ」を開催。2年目となった2016年度は、昨年「女子カフェ」を経験した女子プロジェクトメンバーの9名が中心となってアイディアを出しあい、企画した。
 プロジェクトリーダーの小俣祥子さん(コミュニケーション学部4年)は、「オープンキャンパスに来てくれる高校生が、東経大のファンになるような取り組みをしたい。環境やサポート体制が整っていて、自分のやりたいことを実現できる大学であることが伝わると嬉しいです」と意気込んでいた。
 来場した女子高校生からは「先輩の雰囲気が分かって良かった」「女子校で共学への不安があったが、先輩のキャンパスライフの話を聞けたのがありがたかった」などと感想があがっていた。
 
★女子特設サイト
 リンク

※ロンキャリ女子とは、株式会社リクルートホールディングスが2014年12月に発表した造語で、2015年のトレンド予測やトレンドを表すキーワードとして発表したもの。
 リリースによると、結婚、出産しても、ずっと長く働き続けたい=ロングキャリアを志向する女子高生「ロンキャリ女子」が、専業主婦志向の2倍。また、結婚・出産後も、6割の女子高生は働きたいと考えているという調査結果もあり、2012年と比較して10ポイントもアップしているという。リクルート社は、「仕事か家庭か」(=ORキャリア)の選択ではなく、「仕事も家庭も」(=ANDキャリア)充実させたいという前向きな志向である、と分析している。
(株式会社リクルートホールディングス プレスリリースより)
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 東京経済大学 広報課(担当:山口)
 〒185-8502 東京都国分寺市南町1-7-34
 TEL: 042-328-7724
 Mail: pr@s.tku.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事