logo

金沢工業大学夢考房小型無人飛行機プロジェクトが初優勝。全日本学生室内飛行ロボコン自動操縦部門

学校法人金沢工業大学 2016年08月29日 20時02分
From 共同通信PRワイヤー

2016年8月29日

金沢工業大学

金沢工業大学夢考房小型無人飛行機プロジェクトが初優勝
全日本学生室内飛行ロボコン自動操縦部門

金沢工業大学夢考房小型無人飛行機プロジェクト(チーム名 狗鷲(いぬわし) 大会参加メンバー6名)が2016年8月26日(金)から28日(日)まで東京都の大田区総合体育館で開催された「第12回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト」(主催:一般社団法人 日本航空宇宙学会)の「自動操縦部門」(参加10チーム)で初優勝しました。

優勝 金沢工業大学チーム 得点4023.5点
2位 日本大学 得点3282.5点
3位 鳥取大学 得点1657.5点

「自動操縦部門」では制限時間4分間で次の8つのミッションに挑戦します。
金沢工業大学チームの成績は以下のとおりです。
・救援物資輸送(チキンラーメンminiを輸送し、目標地点に投下する) 3個
・ペイーロード(指定の消しゴムを搭載する)3個
・タイムトライアル(決められた飛行経路における周回飛行の飛行時間を競う)33秒
・水平旋回(自動操縦による水平飛行を行う)成功
・水平8の字飛行 (自動操縦による水平8の字飛行を行う)失敗
・上昇旋回 (自動操縦で旋回しながら高度を上げ、上昇した高度で水平旋回を1周行う)成功
・自動滑空 (プロペラ推進力ゼロの状態で、操舵のみ自動で行い滑空飛行を行う)16秒
・自動着陸(自動操縦で自動着地用滑走路内に着陸する)失敗
飛行時間 3分56秒



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事