logo

優勝金100万円コンテスト【第2回3D-Business Digging Festival】今年のテーマは−Quick&Dirty Prototyping−コンテスト開催

株式会社東京メイカー 2016年08月29日 17時25分
From PR TIMES

《1位賞金 100万円|2位 XYZPrinting ダヴィンチAio|3位 DeAGOSTINI フィラメント500g×10種類》

ービジネス・アイデア募集ー老若男女、普通の生活者が考える「こんなものがあったら嬉しい」「こんなことで困っています」というアイディアを広く募集します。
(応募締切)9月9日(夜24時まで)
(応募方法)(A4サイズ3枚以内/うちイメージ図1枚:PDF)
(応募送付先)seminar@ictco.jp
(最終選考会)9月17日(土)13時~16時まで
(選考方法)予選通過の10組に10分間のプレゼンテーション
*詳細は以下をご覧ください。
リンク



[画像: リンク ]

【コンテスト目的】 みんなが考える3Dプリンターの将来性と困っているというアイディアを実現します
老若男女、普通の生活者が考える、「こんなものがあったら嬉しい」「こんなことで困っています」というアイデアを広く募集します。3D-プリンターを使ったアイデアを発掘(Digging)するフェスティバルです。良いアイディアを持っていても、実際に起業するのは大変です。また反対にアイディアを持っている人が起業に向いているとも限りません。そこでアイディア段階から起業までを支援する「ICTCO起業支援プログラム」を昨年からスタートしました。2016年の第2回は『クイック&ダーティー・プロトタイピング』と称し、皆様からの3Dプリンターの“将来性”と“困っている”というアイディアをジャンル問わず広く募集を致します。Quick and Dirtyプロトタイピングとして3Dプリントし、繰り返す事でアイディアを洗練しプロトタイプを造ることと事業化(起業)することの両方を支援します。
[ 募集対象 ]
3Dプリンターに関連したアイディアを広く募集します。ジャンルは工業用3Dプリンター/パーソナル3Dプリンター/金属3Dプリンターなど種類は問わず、3Dプリンターに少しでも関わるビジネスのアイディアであればOKです。
例えば、
1. こんな使い方ができると、人々の生活が便利になり、生活が楽しくなるアイディア
2. 3Dプリンターを使った人々が集まるビジネス・アイディア
3. 3Dプリンターを使ってこれまでに無いこんなサービス・アイディア
基本は最後にビジネスに育つアイディアです。ビジネスまでの道のりのアイディアであれば良いですが、「これは面白い」というものでもOKです。

《前回優勝者 山下和彦さまから参加者の皆様にビデオメッセージが届きました》

[動画: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事