logo

ぐるなびネット予約機能リニューアル

飲食店・ユーザー双方の利便性を高め、さらに予約されるサービスへ コース比較や席からの予約など、スマホでもさらに使いやすく

日本最大級の飲食店情報検索サイト「ぐるなび」を運営する株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎 以下、ぐるなび)は、2016年8月29日より「ぐるなびネット予約」をリニューアルします。

このたびのぐるなびネット予約のリニューアルは、ネット予約の需要の高まりを受け、飲食店とユーザーの双方がネット予約をより使いやすくするものです。飲食店に対しては業務効率の向上を目指し、予約獲得がしやすくなるよう大きく3つの点を改善しました。 1つめに、ネット予約掲載までのフローを大きく改善しました。ネット予約を受け付ける日時やテーブルなどの基本設定をあらかじめ登録しておけば、コース作成・掲載するだけで予約可能なコースが掲載できるようになり、これまでと比較して掲載までのフローが短縮されます。加えて、これまでネット予約掲載できるコースを10から40コースまで増やし、ユーザーが幅広いコースから選択できるようにしました。 2つめに、同一テーブルで営業時間内の複数回予約受付を可能にし、予約獲得の機会を広げました。3つめに、予約の管理画面をスケジュール表での表示形式にしました。これにより、どのテーブルに何時から予約が入っているのかを見やすく管理でき、管理画面を予約台帳としても使用できます。オーバーブッキングの防止やメモとして飲食店の予定も登録でき、予約を一元管理することが可能となります。

ユーザーに対しては利便性の向上を図り、さらにネット予約がしやすくなるよう大きく3つの点で改善をしました。まず1つめに、ネット予約できるコースの他のコースとの比較がスムーズにできるようにしました。同一飲食店のコースの絞り込み検索もでき、ニーズに合ったコースが探しやすくなります。2つめに、予約時に席の画像を確認できるようにしました。スマートフォンでは、個室、夜景の見えるテーブル、ソファ席など、来店シーンに合わせた席を選択してから、コース内容を選ぶことができます。3つめに、スピーディーな予約を実現するため、コース検索で時間を指定した前後1時間の空席情報を表示するようにしました。さらに予約完了までの予約フォームのステップも短縮しました。

経済産業省の発表(※)によれば、各種サービス分野の中でも飲食店サービスにおけるネット予約の伸び率が2014年から2015年で34.9%と急増しています。このような背景も踏まえ、ぐるなびではネット予約の利便性を高め、飲食店の集客支援を行っていきます。

※平成27年度我が国経済社会の情報化・サービスに係る基盤整備報告書(平成28年6月発表)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事