logo

学校法人城西大学が9月16日に「俳句と現代詩のあいだ」をテーマとしたシンポジウムと特別講演を開催 -- 芥川賞作家の多和田葉子氏らが登壇

城西大学 2016年08月26日 08時05分
From Digital PR Platform


学校法人城西大学(水田宗子理事長)の国際現代詩センターは9月16日(金)に、東京紀尾井町キャンパスでシンポジウム「俳句と現代詩のあいだ」を開催。芥川賞作家の多和田葉子氏による特別講演と、第一線で活躍している著名な俳人や詩人らによるシンポジウムを行う。参加費無料。要事前申し込み(定員150人)。


 学校法人城西大学は昨年、創立50周年を記念して法人本部内に国際現代詩センターを設立。今年7月1日には中国と日本の詩人を招き、「詩と幼年時代」をテーマとしたシンポジウムを開催した。
 今回のシンポジウム「俳句と現代詩のあいだ」は、それに続くもの。芥川賞受賞作家でドイツ語と日本語で作品を発表している多和田葉子氏による特別講演「だぶる文字、かさなる声」と、第一線で活躍している著名な俳人と詩人らによるシンポジウムを開催する。

 日本の詩歌の伝統を持ちながら、現代の詩表現として発展してきた“俳句”と、20世紀の新たな表現として世界的に詩表現の主流となった“現代詩”。この二つのジャンルの間に広がる表現の空間について語り合う。詳細は以下の通り。

◆シンポジウム「俳句と現代詩のあいだ」概要
【日 時】 9月16日(金)14:00~17:00
【場 所】
 学校法人城西大学 東京紀尾井町キャンパス1号棟ホール
 (〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-26)
【内 容】
・特別講演 多和田葉子氏「だぶる文字、かさなる声」
・シンポジウム「俳句と現代詩のあいだ」
 登壇者:高橋睦郎氏(詩人)、高野ムツオ氏(俳人)、神野紗希氏(俳人)、田原氏(詩人・城西国際大学客員教授)
 コメンテーター:多和田葉子氏、水田宗子(理事長、詩人)
【定 員】 150人(定員になり次第締め切り)
【参加費】 無料 ※事前申し込みが必要
【申し込み先】
 城西大学エクステンションセンター
 TEL: 03-6238-1400
 E-mail: kiro@jiu.ac.jp
【主 催】 学校法人城西大学国際現代詩センター
【後 援】 思潮社

●国際現代詩センター
 HP: リンク
 Facebook: リンク

(関連記事)
・学校法人城西大学が7月1日に国際現代詩シンポジウム「詩と幼年時代」を開催 -- 日中の現代詩人による座談会や朗読会などを実施(2016/06/24)
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 学校法人城西大学広報センター
 TEL: 03-6238-1240

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。