logo

夏野剛氏、株式会社アストロ数理ホールディングスの社外取締役に就任

株式会社アストロ数理ホールディングス 2016年08月22日 16時40分
From PR TIMES

 世界最速レベルのオンメモリデータベースと、業務要件を可視化するモックアップアプローチで、大規模な業務システムを開発・展開する株式会社アストロ数理ホールディングス(代表取締役社長 日下康幸:東京都世田谷区、以下 アストロ数理HD)は本年度の株主総会において、夏野剛氏を社外取締役として選任し、下記のとおり就任いたしましたのでお知らせいたします。
 テクノロジーの発展によりフラット化していく世界の中において、IT業界のオピニオンリーダーでもある夏野氏を迎え、加速化する世の中の変化に寄り添った業務システムを、10年後の業界スタンダードとすべく展開・提供してまいります。



[ 就任の背景 ]
 ITが一般的に企業へ導入され始め約20年。近年ではスマートデバイスやクラウド技術の普及により、業種間の垣根がなくなってきています。情報の流れはマスからソーシャルに変化し、よりスピーディーで柔軟なサービス展開が様々なシーンで求められるようになりました。また今後、FinTechによる金融市場の変化もこの動きをさらに加速させると言われています。

 複雑さが当たり前だった業務システムの世界も例外ではなく、大きな変革を迫られています。我々は、数多くのBPR、大規模システム開発の実績と経験から、業務システムにおけるユーザーエクスペリエンスの最適化がいかに業務を効率化させるかを実感し、その環境を実現する開発手法を実践しています。

 この考え方と、1990年代、インターネットが世界的に普及し始めた当時から長年に渡り、業界のオピニオンリーダーとして活躍してきた夏野氏の想いが合致し、今回当社の社外取締役に就任いただく運びとなりました。今後は、夏野氏の知見やアイディア、幅広いネットワークをご提供いただき、当社独自開発のアストロブラスターソリューションを業界スタンダードとするための活動にご助力いただきます。

[ 夏野剛氏のコメント:就任1ヶ月を経て ]
 ガラケーからスマホへの変化は情報の流れだけではなく、人々の思考の流れを変え、医療も金融も行政も、そのあり方は変化しつつあります。そして次に大きく変わるのは、複雑なシステムが当たり前とされてきたエンタープライズシステムの分野だと思うのです。

 私がアストロ数理HDに参画して1ヶ月が経ち、時代の変化の先頭を目指して進もうとしているアストロ数理HDは、まさに大規模業務システムの業界標準を作り得る会社だと改めて思っているところです。40年近くに渡り性能を磨き続けてきた実績ある確かな技術基盤だけではなく、人間中心思考で業務を可視化したユーザーインターフェースデザイン。今後も変化を続ける世界の中で、クライアントのユーザーエクスペリエンスを最優先に業務効率化を一緒に目指す、日本で数少ない企業だと感じています。

[ 略歴 ]

[画像1: リンク ]

 早稲田大学卒業後、東京ガス株式会社入社。1995年ペンシルバニア大学経営大学院(ウォートンスクール)にて経営学修士(MBA)を取得。その後、エヌ・ティ・ティ移動体通信網株式会社(現:NTTドコモ株式会社、以下 NTTドコモ)に入社し、iモードの立ち上げや、おサイフケータイをはじめとした様々な新規事業の企画・実施をリード。その功績は国際的にも評価が高く、2001年5月には米国の経済誌『ビジネスウィーク』の「世界のeビジネスリーダー25人」に選出されている。

 NTTドコモ退社後は、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特別招聘教授に就任。その他、セガサミーホールディングス株式会社、ぴあ株式会社、トランスコスモス株式会社、株式会社KADOKAWA・DWANGO(現:カドカワ株式会社)他、複数社の取締役を兼任し、メディアテクノロジーの発展にその知見を活かし続けている。


《アストロ数理ホールディングスグループ リンク

[画像2: リンク ]


 金融系・流通系をはじめとする大量データを扱う企業のビジネスプロセスを見直し、業務・情報システムの企画から、開発・運用まで。ワンチームでオール国産の一気通貫型ソリューション「AstroBlasterシリーズ」を展開しています。今、消費者が求めるサービスの質とスピードを実現するために、多くの企業様が必要としている圧倒的な処理速度と、それぞれの業務に即した機能。そして利用者の心地よさを追求したユーザーインターフェースを兼ね備えた、私たちが考える本物の基幹システムを、ワンストップで提供します。

《アストロラボ株式会社 リンク
 導入企業様の課題解決に向け、業務調査および分析を実施し、ビジネスプロセスの再構築を行います。その基盤を元に要件定義を行い、実際の利用者か゛流れるように使えるインターフェースデザインを実現いたします。

《株式会社数理技研 リンク
 処理性能を最大限に高め、効率的に稼働するシステムアーキテクチャを設計。市場の流れにリアルタイムで対応できる業務システムを、世界最速クラスのオンメモリーデータベースシステムCore Saver(R)を基盤に開発いたします。

《INDEX株式会社 リンク
 BPOによる幅広い業務経験のあるチームを整え、お客様のシステム運用を迅速にバックアップいたします。

【会社概要】
[表: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。