logo

『モバイル決済 for Airレジ』が東京マリオットホテルに導入中国最大手の決済アプリ「Alipay」に対応、決済サービスの強化へ

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長: 淺野 健、以下リクルートライフスタイル)が運営するモバイルペイメントサービス『モバイル決済 for Airレジ』は、東京マリオットホテル(東京都品川区、総支配人:飯田 雄介)に2016年8月22日(月)より導入されることをお知らせいたします。これにより、中国最大手のモバイル決済アプリ「Alipay(アリペイ)」の決済サービスが利用可能になります。



[画像1: リンク ]


導入背景・概要
『モバイル決済 for Airレジ』は、お客様が提示する決済サービスのQRコードを読み込むだけで決済が完了するモバイルペイメントサービスです。
このたび、世界有数のホテルブランドであるマリオット・インターナショナルグループの東京マリオットホテルに、『モバイル決済 for Airレジ』が8月22日(月)より導入され、中国最大級の決済アプリ「Alipay」の利用が可能となります。中国人のお客様が増加傾向にある中、顧客満足度のアップおよび、今後のさらなる需要拡大に対応するために導入に至りました。『モバイル決済 for Airレジ』は、ホテル側の端末にお客様の決済アプリをかざすだけで決済が終了するため、スムーズに決済を行うことが出来ます。
中国人のお客様からは、「Alipay」といった使い慣れた決済手段へのニーズが高く、現在『モバイル決済 for Airレジ』は、下呂温泉 水明館(岐阜県)などの宿泊施設でも導入されています。
リクルートライフスタイルは、今後も宿泊施設やその他店舗への『モバイル決済 for Airレジ』の導入を推進し、中国人のお客様に対する決済サービスの向上に寄与してまいります。


[画像2: リンク ]



『モバイル決済 for Airレジ』について

[画像3: リンク ]

『モバイル決済 for Airレジ』はお客様が提示する決済サービスのQRコードを読み込むだけで決済が完了するモバイルペイメントサービスです。
店舗側ではiOSに対応したスマートデバイスとインターネット環境をご用意いただくだけで、初期費用なしでご利用いただけます。
2015年12月のサービス提供開始から、導入店舗の数は業種を問わず続々と増えています。

▼『モバイル決済 for Airレジ』について
リンク

東京マリオットホテルについて
2013年12月3日開業。歴史ある御殿山に位置し、品川にありながら、緑に包まれた都会の喧騒から離れたひと時を堪能できるシティホテル。およそ7割以上を外国人宿泊客が占めることから、多様な要望に対応するオールデイダイニングはじめ 幅広いサービスを提供。また、シーズンごとに趣向を凝らしたテーマのレストランメニューが好評。9月からは東京マリオットホテル初となる、秋の実りを堪能できる日本食材をフィーチャーしたメニュー展開にも期待がもたれる。
リンク

『Airレジ』について
『Airレジ』は、小売業・飲食業・各種サービス業に必須のレジ業務がスマートフォンやタブレットで行える、0円でカンタンに使えるPOSレジアプリです。2013年11月19日にサービス提供を開始し、2016年6月末時点でアカウント数が24万を超え、日本におけるモバイルPOS市場の拡大を牽引しています。2015年11月にはお得で簡単に使えるカード決済サービス『Airペイメント』も加わり、注文入力からクレジットカードによる決済、そして会計帳簿作成から決算書の作成まで会計業務全般を、『Airレジ』と連携しているサービスで完結させることができます。2016年4月1日(金)に中小企業庁が指定する消費税軽減税率対策補助金対象(モバイル POS レジシステム)サービスとなりました。これにより、消費税軽減税率補助金対象となる事業者は『Airレジ』利用に必要なタブレットおよび周辺機器の購入に対し補助金の申請ができるようになります。また、複数税に対応できる機能を、税制の決定後順次追加することを予定しております。

参考:「Alipay」について

[画像4: リンク ]

「Alipay」は、2004年にアリババグループによって設立された世界最大規模の決済プラットフォームです。EC事業者向けのオンライン決済・リアル店舗向けの対面決済を始め、スマートフォンをベースとした各種生活サービス、資産運用の商品も展開しています。中国国内の80万加盟店および海外の7万加盟店で利用されています。中国国内の実名認証ユーザー数は4.5億人を超え、中国のモバイル決済市場でもっとも大きなマーケットシェアを持っています。一日の平均取扱件数は1.6億件を超えています。

▼リクルートライフスタイルについて
リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事