logo

医学国際化セミナー特別講演会『がんになったとき、あなたの大切な子どもに何を知らせますか?』~がんになった親をもつ子どものケアを考える~ MDアンダーソンがんセンター マーサ・アッシェンブレナー氏 講演 -- 横浜市立大学

横浜市立大学 2016年08月20日 08時05分
From Digital PR Platform


横浜市立大学は、テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター※1(以下MDアンダーソンがんセンター)から講師を招き、『がんになったとき、あなたの大切な子どもに何を知らせますか?』と題して、市民と医療従事者が共に学び、がんに対する理解を深めることを目的とした医学国際化セミナーを開催する。


 がん患者の家族や子どもを対象としたケアプログラムを策定・運営する第一人者を招き、がん患者への緩和ケアとともに、子どもを含めた家族への関わり方の大切さ、また、がんと闘う親をもつ子どもに対して私たちは何を伝えればよいのか、どう支えればよいのかについて、理解を深めていただく講演会を開催する。
「がんを知り、がんと向き合い、がんとともに生きる」ために共に学べるセミナーである。

日程:平成28年9月15日(木)18:00~20:00
会場:横浜市社会福祉センター4階ホール
   〒231-8482 神奈川県横浜市中区桜木町1−1

◆参加費:無料
◆講師:マーサ・アッシェンブレナー氏※2 (逐次通訳あり)
◆主催:公立大学法人横浜市立大学
◆共催:NPO法人 Hope Tree※3
◆後援:横浜市医療局
◆定員:300名
◆申込:大学WEBサイトから <9月9日(金)まで *定員(300名)になり次第締切>

【MDアンダーソンがんセンターとの連携について】
 横浜市立大学とテキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターは平成26年4月にがんの予防や治療に関わる覚書(MOU)を締結し、がんの分野における教育・臨床・研究レベルでの交流を行っている。
<主な取組>
平成26年4月 MOU締結
平成26年9月「がんプロフェッショナル公開セミナー」に准教授を招聘し、講演を行う。
平成27年1月 緩和医療分野の視察を目的に教職員等7名を派遣。人的交流や共同研究の実施について意見交換を行う。
平成28年2月 学長を始め、教職員、薬剤師などの7名が訪問し、それぞれの専門分野について視察を行う。


※1 テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターとは
テキサス州ヒューストン(米国)にある、がんの治療、研究、教育等の世界最大規模のがんセンターで、1941年にテキサス大学の付属施設として設立された。USニュース&ワールドレポート誌によるベスト病院調査のがん部門で、過去12年間で10回、全米1位を獲得している。
 
※2 マーサ・アッシェンブレナー氏
(MDアンダーソンがんセンター 急性期緩和ケアユニット シニアカウンセリングアソシエイト)
がんのことをできるだけ子どもに話すためのプログラム・KNIT〔Kids Need Information Too〕やKIWI〔Kids Inquire,We Inform〕を立ち上げ、運営を行っている。また、がんになった親をもつ小学生を対象としたサポートグループであるCLIMBや、Teen CLIMB(思春期の子ども対象)の活動も支援している。

※3 NPO法人 Hope Treeとは
NPO法人Hope Treeは、親ががんになった子ども、そしてその患者さん、ご家族を支援する団体。
「親が病気になっても、子どものたくましい力を育みたい」「病気になって子育てに自信がなくなっている患者さんを支えたい」と、医療ソーシャルワーカー、臨床心理士、チャイルドライフスペシャリスト、医師、看護師が集まり、2008年8月に任意団体Hope Treeを設立した。その後、海外の第一人者による講演会、ワークショップを開催し、2010年には国内で初めて、がんになった親をもつ子どものサポートグループを運営することになった。現在では、全国どこでも患者さんご家族に支援が届くよう、医療者向けの養成講座、各種ワークショップを開催し、それぞれの医療機関で支援の取り組みが広がってきている。
そして、2015年11月に特定非営利活動法人Hope Treeとして新たにスタートを切り、がんの親を持つ子どもたち、がん治療と子育てを両立している人、そのご家族、支えていきたいと願う全ての人たちのために、活動を続けていく。

<参考>
◆「横浜市がん撲滅対策推進条例」(平成26年10月施行)
横浜市立大学では、横浜市が進める総合的ながん対策の推進に貢献するべく、がん研究を推進しており、研究交流を行うMDアンダーソンがんセンターとの連携強化を進めている。
また、がんに関する市民医療講座により情報発信を行い、広く市民の皆様、がん患者や家族の皆様に向けた支援の取組を進めている。

◆がん罹患者数(7月15日付、国立がん研究センター がん情報の総合サイト「がん情報サービス」)
平成28年に新たにがんに罹患する人が初めて100万人を超えるとの予測が、国立がん研究センター(東京都中央区)から公表されている。


▼本件に関するお問い合わせ先
 福浦キャンパス学務・教務課長  谷 誠司 Tel 045-787-2501

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事