logo

アナログ・デバイセズ、米Sypris Electronics 社のサイバーセキュリティ・ソリューション部門買収を発表

アナログ・デバイセズ株式会社 2016年08月19日 15時07分
From Digital PR Platform


このプレスリリースは、2016年8月18日(現地時間)に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。原文は、以下のURLでご覧になれます。
リンク

アナログ・デバイセズ社(NASDAQ:ADI)は本日、米Sypris Electronics LLC(以下 Sypris)のサイバーセキュリティ・ソリューション(CSS)部門の買収を発表しました。この買収によりADIは、今日、そして将来の市場が求める安全で高性能なアナログ・ソリューションを提供すべく、体制を強化し大きく前進したことになります。

SyprisのCSS部門は、セキュリティ・システムやソフトウェア製品業界のリーダーとして知られています。同社は50年以上にわたり、確実性の高い情報セキュリティサービスを、国家レベルの巧妙な攻撃に対する防衛が必要な軍や政府機関をはじめとして、世界でも最も要求の厳しい顧客に提供してきた実績があります。
今回の買収により、ADIの航空宇宙、防衛向け無線通信のセキュリティ機能が強化され、システム・ハードウェアの製品ポートフォリオおよびソフトウェアベースの暗号化技術が高度化されます。また同時に、IoT(Internet of Things)、産業機器、オートモーティブをはじめとする多様な市場領域を横断し、包括的で高性能なアナログ・ソリューションを提供できるサイバーセキュリティ・ソフトウェア及びサービス事業が、ADIの事業に新たに加わることになります。

ADIの産業/ヘルスケア/コンスーマ部門担当シニア・ヴァイス・プレジデントのディック・ミーニー(Dick Meaney)は次のように述べています。「SyprisのCSSチームに蓄積された経験、ノウハウ、技術がADIの資産に加わることを大変嬉しく思います。今回の買収により『センサーからクラウドまで』のあらゆる場面で、次世代のサイバーフィジカル・セキュリティ・ソリューションを活用した信頼性の高いソリューションをお客様に提供する体制が整います。IoT活用の成否を分ける鍵としてセキュリティが一層その重要性を高める中、CSS事業のコンピテンシーと製品群はADIのIoTソリューションを補完拡充するきわめて重要な要素です」

CSSのチームはこれまで通りフロリダ州タンパとインディアナ州ウェストラファイエットを拠点とし、ADIに新設されたセキュア・テクノロジー・グループ(STG)の中核を担うチームとして組織されます。

チームを率いるSypris Electronics, LLCの前社長、ジョン・ウォルシュ(John Walsh)は次のように述べています。「CSSチーム一同、ADIの一員となることを大変光栄に思います。ADIとCSS事業部が連携することで、サイバーフィジカル層におけるセキュリティ問題の『市場を一変させる』またとない機会がもたらされます。両社の技術およびそれぞれの優位性が1つに統合されることで、ネットワーク化が急速に進む社会を支える基盤に対する信頼性を高めていくことが可能になります」


【関連資料】
・航空宇宙および防衛分野向けADIのソリューションについてはこちらをご覧ください。 リンク
・IoTを実現するアナログ・デバイセズの技術についてはこちらをご覧ください。 リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。