logo

市場価格の最安値 PB「モニター付きスコープ(SDカード対応)」販売開始

株式会社MonotaRO 2016年08月19日 13時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年8月19日

株式会社MonotaRO

モノタロウブランドから
「モニター付きスコープ(SDカード対応)」を販売開始
~市場価格の約半額 液晶サイズ2.4インチ(カラー)で最安値~

工業用間接資材※1通信販売最大手の株式会社MonotaRO(モノタロウ)は、8月19日(金)から、当社プライベートブランド(PB)商品、「モニター付きスコープ(SDカード対応)」を販売開始いたします。

このたび販売開始するモニター付きスコープは、2.4インチ(カラー)の液晶モニターを採用し、microSDカード(別売り)を利用することで動画や静止画の記録が可能な光学測定機器です。光源には4つのLEDライトを搭載、ケーブル部分はIP67※2に準拠した防塵・防水仕様で、機械の動作チェックや配管、ダクト、天井、床下、壁の点検、自動車のエンジンやラジエーターなどの品質・組立検査など、製造業、建築・工事業、自動車整備業を中心に、幅広い現場でご活用いただける商品です。

また販売価格も、一般的に高価とされる光学測定機器をより安価にお求めいただけるよう、市場価格の約半額¥9,900と、同等スペック商品の中でも最安値を実現しています。
当社では今後もユーザーの声に耳を傾け、より安価で質の高いPB商品の拡充を進め、効率的な購買プラットフォームの提供を追求し、ユーザー利便性の拡大・強化を図ってまいります。

■株式会社 MonotaROについて(本社:兵庫県尼崎市、代表執行役社長:鈴木雅哉、URL:リンク
切削工具や研磨材などの工業用資材から自動車関連商品や工事用品、事務用品に至るまで、現場・工場で必要とされる製品900万アイテムを販売しています。2016年8月10日現在の利用ユーザー数は、約201万。2006年12月、東証マザーズ上場。2009年12月、東証一部上場。2015年度の12月期の 売上高は575億円。2016年度の12月期の売上高予想は710億円。

※1工業用間接資材とは、製造業の現場における資材のうち、最終製品になる原材料や部品などの“直接資材”を除く全ての資材を指し、切削工具や研磨材などの工作用資材から梱包・補修・清掃・安全・事務用品まで多岐にわたる。
※2 IP(Ingress Protection)とはIEC(国際電気標準会議)によって定められている防塵・防水の保護規格。IPに続く2ケタの数字は左側が「防塵等級」、右側が「防水等級」を表す。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事