logo

マカオでUnionPay HCEモバイルQuickPassの使用開始

銀聯国際(UnionPay International) 2016年08月18日 17時05分
From 共同通信PRワイヤー

マカオでUnionPay HCEモバイルQuickPassの使用開始

AsiaNet 65424(1017)

【上海2016年8月18日新華社=共同通信JBN】国際銀聯(UnionPay International)とICBCは17日、マカオでUnionPay HCEモバイルQuickPassの使用を開始すると共同発表した。これは同市場に導入された初のモバイル・クレジットカードである。ICBC Macauが発行したUnionPay(銀聯)カード(62から始まるカード番号)はこのセキュリティーが確保された便利なモバイル決済サービスを最初に利用できる。

UnionPay(銀聯)の新しいモバイル決済ブランドであるモバイルQuickPassは、モバイル機器、ウエアラブル、UnionPay(銀聯)チップカードを使用したオフラインの非接触決済を可能にするとともに、オンライン決済もサポートする。UnionPayモバイル QuickPassは、ファーウェイ、MI、ZTE、Lenovoなど、さまざまな携帯電話ブランドと互換性がある。ダイナミック・キーおよびトークナイゼーションを採用したモバイル QuickPassは取引で本物のカード番号を表示することを回避し、取引情報は発行者およびUnionPay(銀聯)のネットワーク内に保存され、決済セキュリティーを効果的に保証する。

中国本土、香港、マカオ、台湾、韓国、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランド、カナダにある700万のPOSターミナルは現在、モバイル QuickPassを受理する。モバイルQuickPassの受理が拡大することに伴い、国際銀聯(UnionPay International)はさらに多くの市場での製品展開を開始し、セキュアで便利なモバイル決済体験を世界中の顧客に提供していく。国際銀聯(UnionPay International)は、韓国でHCEモバイルQuickPassを開始するにあたり、韓国のKT GroupとBCcardと協力した。BCcardおよびその加盟銀行19行が発行したUnionPay(銀聯)カードの所有者はQuickPass対応スマートフォンを使ってタップ&ゴーが可能となる。

UnionPay HCEモバイルQuickPassはマカオに導入された最初のモバイル決済製品である。2つの要因が役立った。まず、マカオでは180万枚のUnionPay(銀聯)カードがすでに発行されており、これは平均して、一人のマカオ居住者が3枚のUnionPay(銀聯)を所有していることになる。2番目に、UnionPay(銀聯)は非接触決済ではマカオで最も広く使用されている国際カードである。非接触決済を受け付ける小売店の大半がモバイルQuickPassをサポートしている。

消費者はNFC対応AndroidスマートフォンをICBC Macauのアプリ「ICBC Mobile Banking」で同行が発行したUnionPay(銀聯)クレジットカードとシンクさせると、モバイルQuickPassカードを取得することができる。これで、世界中のQuickPassターミナルでスマートフォンを使ってタップ&ゴーが可能になる。ICBC Macauは1日当たりの取引上限を5000マカオパタカに設定している。

マカオにおけるUnionPay(銀聯)受理ネットワークは現在、極めて幅広い。ほぼすべての地元小売店およびATMがUnionPay(銀聯)を受け付け、モバイルQuickPassはデパート、レストラン、ドラグストアで受理される。マカオの消費者はオンライショッピング、チケット予約、授業料支払いにもUnionPay(銀聯)を利用できる。

詳細はウェブサイトリンク を参照。

ソース:UnionPay International


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。