logo

2030年までに7台のうち1台が自動運転車へ

-自動運転技術の商業化に伴い、自動車産業は製品中心型からサービス中心型のモデルへ移行

グローバル全体の自動車メーカーのうち80%が2016年以内に自動運転技術のロードマップの完成を目指しており、自動運転車市場は今後上向くことが予測され、自動車産業に新たな商業機会をもたらすことが期待されています。目下の課題である自動運転車のテスト環境の確立や、センシング機能が改良された後には、データの収集能力とデータの正確性を検証する能力の増強が、自動運転車開発における今後の焦点となる見通しです。

フロスト&サリバンの最新のリサーチ分析「自動運転のグローバル市場見通し:2016年」 によると、2030年までに世界全体で自動車7台のうち1台が、高いレベルでの自動運転機能を備えたものになると予測されています。弊社の分析では、交通事故による死傷者の減少や、より優れた乗車体験の提供は、自動運転技術の導入拡大をけん引する主な要因とはならない見通しです。むしろ、自動運転技術の様々な開発段階において、自動車メーカーが多様な事業体とのパートナーシップや信頼性のあるエコシステムを構築する必要性が、自動運転技術の開発を刺激する要素となる見込みです。

「自動運転市場では、AI(人工知能)やディープラーニング(深層学習)といった先進技術の導入とこれらに向けた投資が積極的に行われています。実際に、より優れたAIやディープラーニングの要素は、自動運転における持続的なビジネスモデルの構築には欠かせないでしょう」と、フロスト&サリバンのモビリティ部門リサーチアナリストのアルンプラサッド・ナンダクマールは述べています。

しかしその一方で、自動運転車向けの最適なセンサーの開発において、技術的な課題が存在しています。自動車メーカーは多様な運転状況に対応した視覚能力を兼ね備えた機能を、合理的な価格で販売すべく試みていますが、既存のソフトウェアや検証機能は複雑な自動運転の運転環境において、完全な機能を提供するには不十分となっています。とりわけ、自動車業界では自動運転に好ましい環境となる規制の枠組みが早急に必要とされています。

自動運転市場に参入する企業や関連機関は、規制の枠組みの設置に向けて、一元化した取り組みの採用が必要とされます。同時に、自動運転を取り巻く新たな規制が、特定地域だけでななく、自動運転のグローバル市場全体の成長を促すことが出来る形で設置される必要があります。グローバル全体に採用される基準や規制なしでは、相互作用が損なわれ、自動運転市場の成長も損なわれることになります。

「自動運転市場での成功を勝ち取れる市場参加者は、単一の企業ではなく、強力なパートナーシップやエコシステムを兼ね備えた企業となるでしょう。自動運転技術によって、次世代のドライバーや自動車のニーズに対応した革新的な製品やサービスの誕生が期待されます」と、ナンダクマールは話します。

■ 「自動運転のグローバル市場見通し:2016年」のリサーチサンプルの閲覧は、下記URLをご参照下さい:
リンク


**********************************************
フロスト&サリバンについて:
フロスト&サリバンは、独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナーです。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。 リンク

本件に関するお問い合わせ先:
フロスト&サリバン ジャパン株式会社 
広報担当:辻
〒107-6123 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル23階
電話:03-4550-2215/FAX:03-4550-2205/E-mail: anna.tsuji@frost.com
URL: リンク

▽フロスト&サリバン プレスリリース一覧:
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。