logo

【セミナー8.26】パーソナライズ時代のデジタルPRで成功する秘密とは?


株式会社プラップジャパン〔本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木勇夫〕は、2016年8月26日(金)に、株式会社 角川アスキー総合研究所と共催でデジタルPRに関するセミナーを開催します。

ますます複雑化し多様性にとんだデジタルマーケティング手法、その中でも最近確実に拡がりつつあるのがパーソナライズ化の流れです。ウェラブルデバイスとlot、あらゆるモノがインターネットと繋がる事で膨大なユーザーデータが読み取れるようになり、高い精度でパーソナライゼーションされた情報提供が可能になります。

Googleの「Google now」やAppleの「Siri」、Microsoftの「Cortana」に続き、Facebookもパーソナルアシスタント「M」のテストを実施中。単純な自動応答ツールから、ユーザー毎の欲しい情報を、先回りして提供するツールへと進化を続けています。昨今話題の「マーケティングオートメーション」、この流れも膨大なデータ分析に基づきマーケティングプロセスを自動化する事で、パーソナライズしたアクションを可能にします。

―――――――――――――――――――――
登録フォームはこちら:リンク
―――――――――――――――――――――


今回のセミナーでは、こうしたパーソナライズ化の流れの中、企業の情報発信や情報分析をどのように進めていくべきかを、国内最速レベルのTwitter解析ツールを提供している角川アスキー総研と国内大手PR会社のプラップジャパンが解説します。(参加費無料)。

1. パーソナル時代の企業の情報発信と事例(40分)
―――――――――――――――――――――
株式会社プラップジャパン  デジタルコミュニケーション部  福島 伯幟繞
総合PR会社のデジタル部門の視点から、デジタルマーケティングのパーソナライズ化の現状分析と、このような環境下で企業の情報発信はどのように進めていくべきかを成功事例と共に紹介します。また新たなユーザーのタッチポイントとして注目を集める「デジタルPRプラットフォーム」の仕組みも併せて紹介します。

2. パーソナル時代のTwitter解析(40分)
―――――――――――――――――――――
株式会社角川アスキー総合研究所 プラットフォーム開発事業部  吉川栄治
リアルタイムにオープンで大量なテキストが投稿される唯一のプラットフォームであるTwitterを解析することにより、ユーザー反応のモニタリング、ターゲティング設計の効率化・効果測定が図れます。施策前後における言及状況はどのような変化があったのか?
最新事例を紹介すると共にTweetのリアルタイム解析ツールの「Realtime trend analytics」を紹介します。

【実施概要】
―――――――――――――――――――――
主催:株式会社プラップジャパン 株式会社角川アスキー総合研究所
開催日:2016年8月26日(金) 16:00~17:30(開場15:30)
会場:赤坂アーク森ビル33F(プラップジャパン内 会議室)〒107-6033 東京都港区赤坂1-12-32  1Fで入館手続きをすませた後、33Fにお進みください。
定員:45名(満員に達し次第、受付を終了いたします) 参加費:無料
申込方法:登録フォームに必要事項をご記入ください  
登録フォーム:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事