logo

オーストラリアで開催されたワークショップの中でスパイス香が豊かなワインとして「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード シラー2012」を紹介

キリン株式会社 2016年08月10日 14時00分
From Digital PR Platform


メルシャン株式会社(社長 横山清)は、7月24日(日)~28日(木)にオーストラリア、アデレードで開催された「第16回 オーストラリアン・ワイン・インダストリー・テクニカル・カンファレンス」のワークショップ「Black pepper flavour in wines from around the world」の中でスパイス香が豊かなワインとして「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード シラー 2012」が同学会で日本ワインとして唯一紹介されました。

●「第16回 オーストラリアン・ワイン・インダストリー・テクニカル・カンファレンス」について
・「オーストラリアン・ワイン・インダストリー・テクニカル・カンファレンス(Australian Wine Industry Technical Conference)」は、3年ごとにオーストラリアの各都市で開催されるワイン醸造、ブドウ栽培の最新技術に関する学会です。
・第16回はアデレードで開催され、12のテーマに分かれたセッションの中で70名以上のオーストラリア、フランス、アメリカ、ドイツ、スイスなどの研究者らによる口頭発表や約200タイトルのポスター発表、38のテーマ別ワークショップが行われました。
・今回、本学会のワークショップの1つ、「Black pepper flavour in wines from around the world」で、世界各国で生産されたシラーワインとともに、スパイス香が豊かなワインとして「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード シラー 2012」が紹介されました。

●「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード シラー2012」
・「シャトー・メルシャン」は日本最高品質のワイン造りを目指すべく、長野県上田市丸子地区にて2003年より自社管理畑「椀子(マリコ)ヴィンヤード」でブ
ドウ栽培を開始しました。
・このワインはその同畑で育まれたシラーを使用しています。ホワイトペッパーを思わせるスパイシーな味わいが口中で広がります。ふくよかな香りと果実の味わ 
い、酸味のバランスの良いワインです。
・オーストラリアのワインメーカーであるEddie McDougall氏が主催するアジアワインに特化した品質評価サイト「Asian Wine Review創刊号2016」で金賞を受賞しました。また「同 2013」※は、「Japan Wine Competition(日本ワインコンクール)2016 」 
で金賞を受賞しており、国内外で高い評価を受けています。
 ※8月30日(火)発売、首都圏・関信越エリア限定商品

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。