logo

CRITEO、2016 年第2 四半期の業績を発表

売上高は前年同期比36%増、純利益は前年同期比240%増 クライアントの純増数はCriteo 史上最高の900 を超える結果に

パフォーマンスマーケティングのテクノロジー企業である、Criteo S.A.(本社:フランス、NASDAQ:
CRTO、以下Criteo)は、2016 年6 月30 日を期末とする第2 四半期決算を発表しました。i

■業績ハイライト
● 売上高は前年同期比36%(為替変動の影響を除くと35%)増加し、4億700万ドルとなりました。
● トラフィック獲得コスト(TAC)を除いた実質売上高は前年同期比36%(為替変動の影響を除くと35%)増の 1 億6,600 万ドルとなり、売上高に対する比率は40.8%でした。
● 純利益は前年同期比240%増の1,300 万ドルとなりました。
● 調整EBITDA は前年同期比66%(為替変動の影響を除くと61%)増の3,900 万ドルとなり、対売上高では9.6%、TAC を除く実質売上高に対する比率は23.6%でした。
● 希薄化後1 株当たり調整純利益は前年同期比106%増の0.33 ドルでした。

■エグゼクティブのコメント
Criteo のエリック・アイヒマンCEO(最高経営責任者)は、「当社のパフォーマンスマーケティングプラットフォームにより、私たちCriteo はどのような業界の広告主にとっても、信頼でき、数字によって裏付け可能なマーケティングをシームレスに提供することができます」と述べました。

ベノワ・フイヤンCFO(最高財務責任者)は次のように述べています。「成長が加速するとともに、収益性が向上しています。イノベーションへの投資を行う一方で、営業レバレッジを効かせることができるのは、当社ビジネスモデルにおけるスケーラビリティの現れです」。

■ビジネスハイライト
●  2016 年第2 四半期におけるクライアントの純増数は900 を超えました。これはCriteo 史上最高の数であり、クライアント総数は1 万2,000 に近づいています。
● 当社ビジネスのうちモバイル広告の割合が第2 四半期も半分を超えました。
● 当社は6 月にInstagram 対応のサービスを開始し、お客様にとってソーシャルメディア活用の手段が増えました。現在では、多くの広告主がInstagram を活用しています。
● Criteo のUniversal Match ソリューションによるマッチングが行われているクライアントについて見ると、第
2 四半期、TAC を除く実質売上高が全体の47%を占めました。これはCriteo ソリューションの採用増加、マッチングを行っているクライアントが生み出す大きな価値を反映していると考えられます。
● 2015 年第2 四半期時点での既存クライアントについて見ると、2016 年第2 四半期、TAC を除く実質売上高が前年同期比で14%(為替変動の影響を除いた場合)増加しました。これは想定どおりの結果であり、既存顧客に関して売上高の継続的拡大を図る企業力の高さが実証されました。

※本資料は、米国Criteo より8 月3 日に発表されたプレスリリースの抄訳です。
※本リリースの全文は英文資料をご参照ください。
リンク

■Criteo(クリテオ)について■
Criteo はパーソナライズされたパフォーマンスマーケティングをスケーラブルに提供しています。広告クリック後のコンバージョンを評価することにより、ROI(投資利益率)の透明性を確保し、測定を容易にします。2016 年8 月3 日現在、Criteo は南北アメリカ、ヨーロッパ、アジアに31 カ所のオフィスを展開し、2,000 名を超える従業員を擁して世界各国12,000 以上の広告主にサービスを提供しており、17,000 近いパブリッシャーと直接取引関係を結んでいます。
※詳細は リンク をご覧ください。
※CRITEO 株式会社はその日本法人です。詳細は リンク をご覧ください。

[i]外国為替変動の影響を除き、2015年の平均為替レートを用いて2016年の値を算出。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事