logo

エコキッズ探検隊2016特別プログラム 「どろんこ祭り」のご案内

宮崎県小林市 2016年08月09日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

平成28年8月9日

宮崎県小林市


東京と小林市がITでつながり、
子どもたちが一緒にどろ遊びを楽しむ空間共有イベント

エコキッズ探検隊2016特別プログラム
「どろんこ祭り」のご案内
日時:8月20日(土)14時~
会場:大手町「3×3Lab Future」と小林市内 


 フランス語に聞こえる方言ムービーで話題になった宮崎県小林市は、東京・大手町と光回線やWebコミュニケーションツールでつなぎ、会話や相互認識などを通して体験や感動の共有を実現し、都会と地方の新たな交流を促進する空間共有イベント「どろんこ祭り」を8月20日(土)に開催します。

 小林市は、これまで近隣のえびの市、高原町、エコッツェリア協会(一般社団法人 大丸有環境共生型まちづくり推進協会)、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(以下、NTTデータ)の5者で連携し、共(協)創型プログラムであるアイデアソン(*1)やハッカソン(*2)を通じて、地方創生に関する課題の整理や解決方法を模索してきました。そして、半年に及ぶ検討の結果、ITを利用して都会と地方の「人」同士の親しみやつながりを築く空間共有イベント「どろんこ祭り」を、エコキッズ探検隊2016特別プログラム(*3)として開催することになりました。

 「どろんこ祭り」は、東京・大手町と小林市を光回線やWebコミュニケーションツールなどのITでつなぎ、離れた場所にいる東京の子どもたちと小林市の子どもたちが一緒に「どろんこ遊び」を楽しむというものです。

 東京会場では、3×3Lab Future内に「どろんこプール」を設置し、小林会場の本物の“田んぼ”で行われているイベントの感触を東京にいながらにして体験することができます。東京ではなかなか体験できない「どろ団子作り」や「どろフェイスペインティング」など、どろを使ったイベントが盛りだくさんとなっています。
 また、小林会場では、元ビーチバレーオリンピック代表の高尾和行氏が監修する本格的な「どろんこバレーボール大会」が開催され、都内のOLで結成したチームもエキシビションとして参加します。


●エコキッズ探検隊2016特別プログラム 「どろんこ祭り」実施概要●

■日時
2016年8月20日(土) 14:00~16:00  ※受付開始13:30~

■会場
<東京会場>
「3×3Lab Future(さんさんラボ フューチャー)」
リンク
東京都千代田区大手町1-1-2 大手門タワ-・JXビル1階
(東京メトロ、都営地下鉄大手町駅(C10出口)より徒歩2分)
<小林会場>
宮崎県小林市真方6795付近

■参加者
<東京会場>
東京都内及び近郊に住む小学校低学年のお子さんと保護者20組40人
<小林会場>
小林市内及び近郊に住む小学生100人、保護者を含む観覧者50人


(*1)アイデアソン
「アイデアソン(Ideathon)」は、アイデア(Idea)とマラソン(Marathon)を組み合わせた造語で、ある特定のテーマについて多様性のあるメンバーが集まり、対話を通じて、新たなアイデア創出やアクションプラン、ビジネスモデルの構築などを短期間で行うイベントのことを指しています。

(*2)ハッカソン
  ハッカソンとは、「Hack(ハック)」と「Marathon(マラソン)」を組み合わせた造語で、決められた期間で参加者がアイデアと技術を出し合い、集中的に共同作業を行うソフトウエア開発のイベントのことを指しています。

(*3)大手町・丸の内・有楽町 エコキッズ探検隊2016 特別プログラム
共催:NTTデータ、エコッツェリア協会、宮崎県小林市、えびの市、高原町
協力:パソナ



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事