logo

にぎやかな楽しい一夜: 2016シェイク・ザ・レイク・インターナショナル・ミュージック・フェスティバル

サンライズケンピンスキーホテル、北京&雁栖島 2016年08月03日 11時04分
From 共同通信PRワイヤー

にぎやかな楽しい一夜: 2016シェイク・ザ・レイク・インターナショナル・ミュージック・フェスティバル

AsiaNet 65298

北京(中国)、2016年8月2日/PRニュースワイヤー/ --

2016年9月16日金曜日のにぎやかで楽しい夜のためにご準備ください。中秋節の名月のもと、ケンピンスキー(Kempinski)の経営する雁栖ホテル(Yanqi Hotel)が、活気あふれる1930年代の北京をテーマにした胸躍るブギウギ、スイング、ジャズミュージックの豪華なディナーダンスショーを開催します。

シェイク・ザ・レイク・ナイト(The Shake the Lake Night)では、オーストリアのインターナショナル・ブギー・ミュージック・フェスティバル(International Boogie Music Festival)ならではのオリジナル・ラインアップとオーケストレーションを披露、世界中で演奏してきたカリスマ的で卓越したミュージシャン諸氏の高く評価されたアンサンブルをお届けします。

フォイリッヒのグランドピアノ2台の鍵盤を鳴らすのは、リッチー・ロイドルとジョニー・シュッテンで、両人ともにオーストリアのシェイク・ザ・レイク・フェスティバルの提案者、クリエイターです。彼らはオーストリアのピアノ仲間であり、「自分の影よりも速く」弾けると言われる独創的なピアニストでシンガーのクリストフ・“ブギーウルフ”・スタインバッハを紹介します。コンサートのヘッドライナーは、ヨーロッパで最も多才なピアノのエンターテイナーのひとりと目されるドイツ、ミュンヘンのマルティン・シュミットです。歌のパートを代表するのは、国際的に成功した多才でカリスマ的なミュージカルスターでダンサー、米国のニコール・リーチ(現在フランス、パリ在住)です。ドラムのフランツ・トラットナーとダブル・ベースのピーター・シュトラッツェンベルガーの2人のオーストリア人が、グルーヴィーなリズムセクションでショーを支えます。金曜以降は、ホテルがこれらのアーティストを9月17日にウォーターサイドで行われるジャズ&ブギー・ブランチ(Jazz & Boogie Brunch)に招きます。最高のグルメランチをご自由にお楽しみいただき、美しい雁栖湖を眺めながらの本物のライブミュージックをご満喫ください。

一張羅を探し出し、ダンスシューズの埃を払って、雁栖島でのスイングの夜に備えましょう!サンライズケンピンスキーホテル、北京&雁栖島総支配人のブライス・ピーンは、「ゲストには魅力的で洗練された1930年代のドレスコードで当時の気分に浸ることをお勧めします。ご婦人は羽根のボアに愛らしい帽子などが良いかもしれませんが、紳士は白いスカーフと銀の握りの杖ぐらいで十分でしょう」と微笑みながら付け加えましたが、ゲストに贅沢に着飾る義務はないことを確認しました。

*フェスティバルのパッケージチケットは、4,388 人民元からです。詳細は+86-6961-8888 (内線3604)にお問い合わせください。

スポンサー&協賛:
BMW、ゲラン、フィジーウォーター、フーフア・アセット、ジオスター、ZHISLAND、雁栖ジェイドガーデン、ブルーエア、フォイリッヒ、ザルツカンマーグート

写真 - リンク
写真 - リンク
写真 - リンク
写真 - リンク

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事