logo

【三菱電機】 SCADA ソフトウェア「MC Works64」新発売

高度な統合監視システムの構築に貢献

三菱電機株式会社は、FA(ファクトリーオートメーション)・PA(プロセスオートメーション)※1など製造業向けの高度な統合監視システムの構築に貢献する SCADA※2 ソフトウェアの新製品「MC Works64」を 5 月 31 日に国内市場向けに発売しました。




[画像: リンク ]

▽製品の特長
1.設備全体の可視化・分析・改善により、省エネ・予防保全などに貢献
・電気・ガスなどのエネルギー消費を、設備全体だけでなく、各設備・機器の単位で集計・分析した情報を可視化(見える化)し、省エネに貢献
・SPC(統計的工程管理)・SQC(統計的品質管理)に基づいて、各生産工程ごとの品質情報を分析(観える化)し、品質管理のコスト削減に貢献
・設備や機器の故障要因データを活用し、設備の稼働率向上・故障予知・予防保全など設備全体の改善(診える化)に貢献

2.監視制御機能の一括提供により、高度な統合監視システムの構築に貢献
・高精細の二次元・三次元のグラフィック画面で生産や品質などの情報を表示
・モバイル端末※3 などから設備の稼働状況の確認が可能
・FA・空調など各設備・機器の情報、地図や天気予報などの一般情報に加え、各種データベー ス※4 の情報を、クラウド(Microsoft Azure(R)など)を活用して効率的に一元管理
・エンジニアリング支援ツール(MC AppBuilder)の搭載により、シーケンサプログラム・監視画面などが自動生成でき、設計・現場調整・保守などのエンジニアリング工数を削減
・自動車・食品・薬品など幅広い分野に対応したライブラリ(画面部品)により、監視・制御システムのグラフィック画面作画の工数を削減

3.サーバーの二重化と暗号化通信により、システム・通信の信頼性向上に貢献
・サーバーの二重化(制御系、待機系)に対応し、システムの信頼性向上に貢献
・現場のオペレーター、管理者、保守担当者などの階層別に、同一画面上でアクセス可能範囲を設定でき、機密性を向上
・OPC-UA※5 の高度な暗号化通信により、通信の安全性を確保

▽発売概要
・MC Works64 DV(形名:SW3DND-MCWDV-ET) オープン価格
 主な仕様:HMI 画面作成・ ランタイム表示
・MC Works64 RT(形名:SW3DND-MCWRT-ET ) オープン価格
 主な仕様:ランタイム表示

▽発売の狙い
国内の FA 市場や PA 市場では、生産性の向上や生産ラインの安全性の維持が求められており、 監視・制御システムの可視化・分析・改善ができるソリューションの需要が拡大しています。 当社は今回、これまで海外での FA 市場および PA(プロセスオートメーション)市場で培ってきたノウハウを活かし、高度な統合監視システムの構築に貢献する SCADA ソフトウェアの新製品「MC Works64」を国内市場に初めて展開します。

▽関連リンク
リンク

■参考
三菱電機FAサイト TOP
リンク


※1 PA:製造工程の圧力、温度、流量などを最適な状態に自動で制御すること
※2 SCADA(Supervisory Control And Data Acquisition):コンピューターによるシステム監視とプロセス制御の実行
※3 Microsoft(R) (Windows Phone(R)、Surface(R))、Apple(R) (iPhone(R)、iPad(R))、Android(R) (Phone、Tablet)、 HTML5 が使用可能なモバイル端末など
※4 SQL、SAP、MySQL(R)、OLE DB、ODBC など
※5 OPC Foundation が提唱する信頼性の高いデータ交換を目的とした通信標準規格

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。