logo

3Dデータから造形物を出力しAR情報を付加して納品するVRモックアップサービス「モケイプラス」8月1日(月)より受付開始

システム開発のアーク情報システム
触覚と視覚の両面で特長が訴求できる立体造形物を製作!
ネットで注文、3Dデータから造形物を出力しAR情報を付加してお届け!
VRモックアップサービス「モケイプラス」
8月1日(月)より受付開始します

株式会社アーク情報システム(本社 東京都千代田区、代表取締役社長 碇 邦一)は、立体造形物を3Dプリンターで出力し、あわせてVR情報を付加して納品する新たなサービス“VRモックアップサービス「モケイプラス」”を開始し、専用サイトからの受付を本日8月1日より開始します。

「モケイプラス」は、普及が加速する3Dプリンターを利用した立体造形物の出力サービスに加え、その造形物にAR(拡張現実)表示を付加する“3DモデルとARの融合”サービスです。利用者は、造形物出力の申し込みを行い、CADデータとメタデータをインターネットでアップロードすれば、AR表示ができる立体造形物を手軽に作成することができます。

データは、アーク情報システムが社内の高精度3Dプリンター(Stratasys社製Objet Eden 260S 3Dプリンターシステム)で出力、さらに社内で造形物にAR情報を付加します。AR表示はiPhoneやiPadなどのモバイル端末で閲覧することができます。また、1つの立体造形物に対し、複数の端末で同時に異なるAR表示を付加することも可能です。(Android 端末対応は未定)

アーク情報システムでは、高度な3Dプリンターを備えることなく、試作品を手軽に作りたい製造業や、ARを融合した展示物をご検討中の博物館、立体造形物を教材として活用したい教育機関等に向けて、普及を展開します。また、将来的には3Dスキャンサービスによる3Dモデルデータの作成や、数値計算データ等の可視化でVR表示を行うことも計画しています。

今回のサービス利用価格は、造形物のプリントに要する樹脂の量により変動します。一例として、樹脂使用量150gの立体造形物を出力する場合、出力費用が37,500円(税別)、AR情報付加サービスは閲覧期間に応じて費用が加算されます。(1ヶ月1,000円(税別)より)長期利用契約では割引も適用します。

以 上

詳しくは専用サイトを参照ください
VRモックアップサービス「モケイプラス」 リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

---------------------------------------------------------
出力プリンター/水溶性サポート対応 高解像度3Dプリンター
「Stratasys Objet Eden260S」
Objet Eden260Sは、高精度のラピッドプロトタイピングを実現し、
Stratasys 3Dプリンターの大きな特徴の一つである広範な
マテリアル対応機能はそのままにPolyJetシステムでは初となる
水溶性サポート(ソリュブル)に対応しています。
メーカーサイト リンク
---------------------------------------------------------

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事