logo

日本工業大学が「杉戸宿高札場復元プロジェクト」の木材加工状況を公開

日本工業大学 2016年07月30日 08時05分
From Digital PR Platform


日本工業大学は、杉戸宿開宿400年を記念し、かつて杉戸宿にあった「高札場」を製作・復元する「杉戸宿高札場復元プロジェクト」を杉戸町と町観光協会とともに進めている。今回の復元プロジェクトの作業工程として、同大学生の木材加工状況を公開するとともに、プロジェクト全体の監修者である、同大生活環境デザイン学科波多野純特任教授によるメディア向け事業概要説明会を実施する。


【日 時】 8月2日(火)10時~ 
【場 所】 
 日本工業大学 建築学科実験研究棟(W10 棟)・建築技術センター(W7棟)
 (埼玉県南埼玉郡宮代町学園台4-1)
【内 容】
・杉戸宿高札場復元事業概要説明会
・学生の作業状況公開
※当日は杉戸町に現存する当時の高札(藤城家住宅所蔵)も公開予定。

●日本工業大学HP内関連ページ
 リンク

●大学プレスセンター内関連ページ
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 日本工業大学 総務部広報室
 埼玉県南埼玉郡宮代町学園台4-1
 TEL: 0480-33-7519
 FAX: 0480-33-7525
 E-mail: kouhou@nit.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。