logo

ソフトバンクがフィンテック事業へ本格参入!スマホ向けオンライン証券会社「One Tap BUY」へ出資

株式会社One Tap BUY 2016年07月25日 16時00分
From PR TIMES

ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」と、スマートフォン向けのオンライン証券会社である株式会社One Tap BUY(本社:東京都港区、代表取締役CEO:林 和人、以下「One Tap BUY」)は、フィンテック分野における個人向け投資管理サービスの事業推進を目的として、2016 年3 月にソフトバンクがOne Tap BUY に10 億円を出資したことをお知らせします。



One Tap BUY は、日本で初めて※1 スマートフォンで証券取引に関する全ての手続きを行えるオンライン証券会社※2です。2015 年12 月に第一種金融商品取引業者として登録し、2016 年6 月1 日より、スマートフォン向け株式取引アプリケーション「One Tap BUY」を提供開始しました。通常、スマートフォンでオンライン証券を利用する場合、10 タップ以上画面操作が必要ですが、「One Tap BUY」は「ロゴマークで銘柄選び」「買う(売る)」「確認」の3 タップだけの簡単操作で株を売買でき、見やすいデザインレイアウトにより一目で投資した株式の状況を確認することができるなど、スマートフォンで株式取引をする際の使いやすさを徹底的に追求した点が特長です。現時点では、アップルやコーチ、コカコーラやウォルトディズニーカンパニー、フェイスブック、スターバックスコーポレーションといった30 銘柄の有名海外ブランドの米国株を1 万円単位で購入が可能です。今後は2016年度内に、日本株・ETF※3 の取り扱いも開始する予定です。

現在、日本においては、「まとまった資金がない」「リスクが怖い」「株式投資のことがよく分からない」など、個人の株式投資へのハードルが高いのが現状です。こうした中、スマートフォンを通じて誰もが気軽に、簡単に投資ができる環境を作り、多くの投資未経験者に投資を身近に感じてもらいたいという思いから、OneTap BUY は本アプリケーションを開発しました。サービス開始から3 万5 千件を超えるアプリケーションのダウンロードがあり、20 代から60 代まで幅広い層のお客さまにご利用いただいています。特に20 代後半から40 代前半の年齢層の方が多く、また、全利用者の半数以上の方々が投資未経験となっており、 One Tap BUY は新しい個人投資家市場を開拓しています。

ソフトバンクは「情報革命で人々を幸せに」という経営理念のもと、時代に必要とされる最先端のテクノロジーと最も優れたビジネスモデルを用いて、スマートフォンによる各種サービスの拡充を図っています。今回の出資は、One Tap BUY の革新的なビジネスモデルによるスマートフォンに特化した株式取引サービスの将来性と、ソフトバンクの目指すフィンテック事業の方向性が一致したことが、その背景にあります。

今後、One Tap BUY とソフトバンクは、より緊密なパートナーシップをもとに、両社サービスの連携を図り、お客さまの利便性と付加価値の向上を目指していきます。

※1 One Tap BUY 調べ。
※2 株式会社One Tap BUY および証券取引アプリケーション「One Tap BUY」の概要はこちら(リンク)をご覧ください。
※3 上場投資信託「Exchange Traded Fund」の略称です。証券取引所に上場しており、株価指数などの指標の動きに連動する運用成果を目指す投資信託です。

【One Tap BUY 会社概要】

[表: リンク ]




【One Tap BUY サービスイメージ】
[画像: リンク ]



●SoftBank およびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
●その他、この報道発表資料に記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事