logo

「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」にLED照明器具を納入

パナソニック 2016年07月25日 16時30分
From PR TIMES



[画像: リンク ]



パナソニック株式会社 エコソリューションズ社(以下、パナソニック)は、2016年7月27日(水)にグランドオープンするホテル「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」(所在地:東京都千代田区紀尾井町 運営:株式会社プリンスホテル)の客室に、建築照明器具「SmartArchi」シリーズのLED小口径グレアレスダウンライトおよびLEDユニバーサルダウンライト1,626台、「東京ガーデンテラス紀尾井町」(運営:株式会社西武プロパティーズ)の外装・外構にはLEDライン型ライトなど1,106台、合計2,732台を納入しました。

ホテル客室のダウンライトには、目的光のみを反射させるアルミ蒸着仕上げの高効率反射板を採用。光が正反射するため、光の窓ガラスへの映り込みが軽減され、景観の妨げになりません。また、照明器具自体の存在を抑え、光の重心を下側に持ってくることで、落ち着いたくつろげる空間を実現しました。
今回、光のまぶしさを抑えるハニカムルーバーを装着した特注の照明器具を設置しました。ベッドで仰向けになる際などに感じる光の直接的なまぶしさを防ぎます。

さらに、光の波長(※1)を調整するパナソニック独自のスペクティング技術によって、日本人女性が好ましいと感じる肌の色に近づけることのできる「美光色LED照明器具」を採用しました。Ra95(※2)と演色性も高く、太陽光のもとで見える色と近いレベルで色を表現します。ものの色を自然に見せることが出来るため、客室の内装を、より自然に美しく見せます。

パナソニックは、独自の高い照明技術と演出手法によってホテルの客室空間の魅力を引き立てながら、その価値を高める提案をしていきます。

<特長>
1. まぶしさと器具の存在感を抑え、窓ガラスへの光の映り込みを軽減
2. ハニカムルーバーの使用で、光の直接的なまぶしさを防止
3. 客室の内装を、より自然に美しく見せる「美光色LED照明器具」を採用

※1 スペクトルとは、分光器などで光を波長ごとに分解したときの各波長成分の強さの分布
※2 平均演色性評価数:色の見え方の忠実性を表す代表的な指標。100に近いほど、色は自然に見える。

【お問い合わせ先】
照明と住まいの設備・建材お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-709(受付 9:00~20:00)

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 マーケティング本部
法人営業統括部 開発営業部 都市開発法人営業推進部
電話 06-6908-1131(代表 受付 9:00~17:30)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」にLED照明器具を納入(2016年7月25日)
リンク

<関連情報>
・東京ガーデンテラス紀尾井町
リンク
・ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。