logo

Banzai、今年上半期の流通総額は25%増、売上高20%増

Banzai SpA 2016年07月22日 16時11分
From 共同通信PRワイヤー

Banzai、今年上半期の流通総額は25%増、売上高20%増

AsiaNet 65191 (0900)

【ミラノ2016年7月22日PR Newswire=共同通信JBN】
*2016年上半期の総取扱高(GMV、ネット上で取引が成立した金額の合計)は前年同期比25.1%増の1億3470万ユーロ
  -eコマース事業の売上高は19.9%増の1億590万ユーロ
  -エレクトロニクス製品・家電製品の売上高は27.8%増で、GMVの34%を占めた
  -Home Serviceの個別配送・設置サービスの支援により、ePRICEは大型家電市場でシェアを大きく伸ばした

*2016年第2四半期のGMVは前年同期比21.6%増の6770万ユーロ
*2016年のGMVは前年比25-30%増加の見通し
*Banzai Mediaの処分に伴うキャピタルゲイン(資産譲渡益)などで、2016年の純利益は黒字の見込み

(Logo: リンク

イタリア初のeコマースプラットフォームのBanzai(イタリア証券取引所STARセグメント上場)の取締役会は22日、2016年6月期の暫定売上高を承認した。

Banzaiのピエトロ・スコット・ジョバネ最高経営責任者(CEO)は「2016年上半期にBanzaiは、サードパーティ・マーケットプレースも含めた顧客が購入した商品総額に相当するGMVが大幅に増加したことを確認した。営業開始数カ月のHome Serviceプラットフォームは、高い顧客満足度(ネット・プロモーター・スコアを利用して算定)を示し、進出済みのサービス分野で市場シェアを伸ばしている。マーケットプレースを通して営業する提携企業の増加やHome Serviceのサービス拡大、ePriceのブランドとサービスを支援する斬新なテレビコマーシャルによって、今年下半期もGMVが25-30%増えるというガイダンス(業績見通し)通りに成長傾向が続くと見込んでいる。2016年目標に示した利益率と営業キャッシュフローの改善に務めることにもしっかりと取り組む。Banzai Mediaを処分した結果、2016年は純利益が計上できるとみている」と語った。

Banzaiの2016年上半期の売上高は1億0590万ユーロで、Vertical Content部門は前年同期比19.9%増収となった。GMVは25.1%増の1億3470万ユーロ。2015年第2四半期に立ち上げたマーケットプレースのウエートは上半期にGMVの約8%を占めた。エレクトロニクス製品・家電製品の売上高は27.8%増の7430万ユーロ。取扱製品の拡大と良質なサービス、Pick&PayとLockersのネットワーク(それぞれ117、290)の拡充が原動力となった。

ソース:Banzai SpA


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事